motocchioの食いしん坊日記

ピェンロー、水と油の夫婦

我欲白菜(返り点は自分で打ってね)という心境。山ほど白菜を食べたい。

想い募ってフト気がついたら台所に白菜が三つもゴロゴロ。ようし、白菜を山ほど食べるぞ〜

とはりきってネット検索で見つけた料理がピェンロー。中国の白菜鍋です。妹尾河童さんが自著やDancyuで紹介して世に知られるようになったのだとか。

作り方はこちらのページを参考にしました。干し椎茸を山ほど使ってダシを用意するのがポイント。でも、椎茸はクマ夫が苦手なので量は控えめにして昆布も使いました。それから、骨と皮がついた鶏肉のぶつ切り、バラ肉が入ります。これに加えて、クマ夫の好物の鶏つくねも入れました。白菜はドドーンと二人で一個。まずは白菜の芯だけ煮て透き通って来たら、春雨以外の材料を全部入れてコトコト煮込みます。途中胡麻油をたっぷり入れて(お玉一杯弱!)、水でもどしておいた春雨投入。更に煮込んで、最後に胡麻油をたらして香りを加えて出来上がり〜
nabe3
白菜たっぷり〜

味はつけずに各自お椀によそおって、食べる時に塩と七味(か一味)で味をつけます。

様々な具材から旨味がたっぷり出たスープがおいしい!旨味がしみ込んだ白菜がおいしい!でも、特に瞠目したのが椎茸のおいしさ。干し椎茸ってこんなにおいしかったのか。白菜との相性も最高。椎茸苦手なクマ夫にはどんどん肉をまわして、私は椎茸を堪能。

でも、食べる時に味をつけるのは楽しいけれど気ぜわしい。最初から味をつけたほうがいいように思いました。

という訳で、翌日残り物をあたため直すときにはあらかじめ塩のみで味付けしてから、食べる時に一味をかけました。
nabe1
残り物バージョンは更においしい。絶品でありました。

そして、シメはピェンゾー。ピェンローの残りのスープで作った雑炊です。温かいスープにご飯、好みで酒を加え塩で味付け。  火を止め、好みで卵を入れます。私は入れました。食べる時に一味や七味をかけていただきます。
nabe2
体重管理に厳しいマラソンランナーの同居人は雑炊はパス。私が1人で堪能しました。こんなにおいしいのにどうして食べないの?!というぐらいおいしかった

この鍋は評判通りおいしかったけれど、いつも作ってる和風の鶏つくね白菜鍋か豚白菜鍋の方がやっぱり好きだな... クマ夫もそう思うというので、我が家の食卓に再登場することはないかもしれない。でも、今度冬に帰省した時に日本の家族に作ってみたい。

何年たっても食の好みが一致することはない私たち。クマ夫がこの世で一番好きな一品はマンマが作るパルミジャーノ(ナポリ風茄子の重ね焼き)だけど、油っぽくて私は苦手。私が好きなのは普通の和食のおかず、白いごはんにお味噌汁。でも、出会った頃に比べると本当にいろいろな物を食べてくれるようになったなあ。結婚した年の冬に、私がこの土鍋を買って、「この土鍋が私たち家族としての年輪になるんだ!」と意気揚々としている時に、「ふうん。ボクはスープで炊いた水っぽい料理とか好きじゃない」と言われて離婚しようかと思ったけど、今では食卓に出来上がった鍋を置いて蓋を開ける瞬間、「わあ、おいしそう!」と日本語で言ってくれるようになった。和食は水っぽい料理、イタめしはオリーブオイルの料理。まさに水と油の私たちだけど、何とか折り合いつけて日々の食卓かこんでおります。

ウー・ウェンさんのもやし炒め

イタリアでもやしは貴重品。売っていてもたいてい日本のみたいにおいしくないし新しくない。でも、店頭で見かけるとうれしくなって思わず買ってしまいます。

いつもはインスタントラーメンの上にのっけて食べるんですが、ラーメンを切らしていたので、もやし炒めにしました。もやし炒めってシンプルですが、ネットで検索してみると実にいろいろな作り方があります。迷いに迷って、愛用のレシピ本であるウー・ウェンさんの『大好きな炒めもの』に載っているレシピを使いました。

まずはもやしの下処理。元のレシピには、もやしのひげ根も種もとるべしと書いてありますが、面倒臭いのでひげ根だけ。冷水につけてぱりっとさせてから水を切っておきます。ここで一手間かけるのがポイント。

作り方はいたってシンプル。花椒を油で炒めて、ベーコンの千切りも加えて油が出てきたら、もやしを強火で手早く炒めます。最後に塩で味付けして、お酒少々じゃっと入れたらできあがり!
moyashi itame
しゃきしゃきすっきりサッパリした味にベーコンの旨味、花椒のパンチがほんのり。おいしい!

これにごはん、韓国海苔がお昼ごはん。


ピリ辛ネギ豆腐のスープ

ここのところ雨続き。人一番お天気に気分が左右される自分には辛い... しかも、今日は日曜日だというのに、仕事が山積みで自宅にこもりきり T_T  こんな時の楽しみはおいしいものを作って食べることだけ。

という訳で、例によって台所にある食材で適当うちごはんを作って気晴らしです!

どうしても今日中に消費したいのは土曜日に市場でゲットした細ネギ一束。気前よくドカーンと使いたい。例のごとくネット検索しながら思案。ちょうど冷蔵庫に絹ごし豆腐と豚肉があったので、中華仕上げのピリ辛ネギ豆腐のスープにしてみました。

あたためた土鍋に油入れて豚の薄切りを炒めます。色が変わったらニンニクのみじん切りと豆板醤少々入れて更に一分(切らしてたから入れなかったけれどショウガも入れたらおいしそう)。水、お好みの中華スープの素、酒を加えて、一煮立ちしたらアクをとって、味噌と白ネギの斜め切り投入。蓋をして葱が柔らかくなるまでコトコト煮ます。大きめに切った豆腐を入れて、蓋をして2〜3分。味を整えてから、最後に細ネギを上にどっさり散らして再び蓋をして数分。細ネギがしんなりしたら出来上がり〜。
豆腐鍋1

いただきまーす。
豆腐鍋2
身体あったまる

豆腐が入ったスープや鍋の類いといえば、湯豆腐、キムチ豆腐鍋、スンドゥプしか作ったことがなかったけれど、中華風もいいものですねえ。このスープに使うのは断然絹ごしがおすすめです。

トマトと卵の炒めもの

ここ最近、一番お世話になってるレシピ本は断トツでウー・ウェンさんの『大好きな炒め物』。シンガポール在住eさんがプレゼントしてくれた一冊。普通の家庭のガス台で飽きのこない中国の家庭料理が短時間で作れる優秀レシピが満載です。

今日ご紹介するトマトと卵の炒めものは何度も作ったお気に入り。卵を炒めてから、湯むきしてザク切りにしたトマトを入れて、形が崩れないようにやさしく炒めてから、塩こしょう、皮をむいてたたいたにんにくを入れて、最後に水溶き片栗粉でとじたら出来上がり。調理時間は約5分。卵もトマトも常備している食材なので、あと一品ほしいなという時に作れてとっても便利!
chinese lunch2_blog
甘酸っぱいトマトが卵の味をひきしめてくれますヨ
とろりとした食感もよいです
ごはんにあう!


これ一品に緑色の野菜をあわせたら彩りもいいし、栄養バランスもばっちり。今日はひさしぶりにゲットしたさやえんどうの炒め物とあわせました。
chinese lunch1
冷蔵庫にあったベーコンと白ネギと炒めました
セロリと黒コショウのレモンサラダも添えて


chinese lunch3

中華の炒め物は簡単にぱぱっと作れるし、野菜もたっぷり食べられていいですねえ。

ニラまんじゅう

ひさびさに新鮮なニラをゲット!

何を作ろうかな~。餃子にしたいけど手間がかかりすぎてしんどいからどうしよう... と迷ってる時に、ふと頭をよぎったのがニラまんじゅう。ググって一番ヒットのレシピが簡単でよさげ。

Cpicon エビ入り具沢山☆ニラまんじゅう by せつぶんひじきさん

エビが家になかったので、中に詰める肉餡はこちらのページを参考に。

できあがり~
ニラまん
こりゃおいしい!

そのままでもいいけれど、豆板醤と手作り辣油をあわせたタレをつけながら食べてもいける。
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記