motocchioの食いしん坊日記

カレー好き

市内をふらふら歩いていたら、カレー屋さんの前にこんなもの見つけた。

tottori_curry

カレールウ消費量日本1のまち?!人口が日本1少ない県の街がどうやって日本1になれるの?!ネットで調べてみたら、絶対消費量じゃではなくて、一人当たりの消費量が1位ということらしい。

それはさておいて、どうしてここまでカレー好きな土地柄なのか。巷でささやかれている説明は、共働き世帯が多いから作り置きできるカレーが尊ばれるから(共働き世帯の割合全国9位)、特産らっきょにカレーがあうからなどなど。なるほど、なるほど。

カレー好きな土地柄だけのことはあってご当地カレーの開発にも力を入れている。私が今まで試したものだけでもこんなにある。
tottori_curry1

tottori_curry2

tottori_curry3
     tottori_curry5

tottori_curry4

いずれもおいしい。レトルトカレーは柔らかい肉がゴロリと入ってる(ただし、鳥取牛カレーは発売当時に比べて肉の量が激減してしまったのが残念)。実家の台所には某かのご当地レトルトカレーが常備されている。鳥取カレーの素は、梨、らっきょう、カニと鳥取を代表する特産物が入った力作だ(シーフードカレーにぴったり)。

これに加えて、今回里帰りした時に見かけたご当地カレーがこれ。
    nashi_curry
う〜む、これはちょっと... 子どもの時に梨ばかり食べていたせいで梨は苦手だし、甘いカレーはダメなわたしである。どうしても買う気が起きず、売り場素通り ^_^;

さて、ふたつめの疑問である。どうして、鳥取はここまでご当地カレーの開発に力を入れているのか。どうやら、2005年に県東部のカレー好き50人によって結成された市民団体鳥取カレー倶楽部がムーブメントの火付け役。「カレーで街おこし」を合い言葉に積極的な活動を日々続けている(詳しくはこちらのページで)。また、数年前にカレールウ全国消費第1位の座を佐賀に奪われた時は、カレー祭りを開催し、翌年の王座奪還に貢献した。カレー倶楽部の活動精神は以下の通り(HPより):

鳥取を自慢するために、
鳥取県東部に住む青年たちによって自主的に結成された戦士たち。毎月0のつく日、鳥取のマチナカに出現し、カレーを食べ、もっと鳥取市がカレールウの消費量でダントツの全国1位をキープするように日々活動しているのだ。

王座の死守はどの分野でも楽ではない。鳥取のカレー戦士たちも日々精進している。

さて、実は私も大のカレー好きである。子どもの時は誕生日に母にカツカレーを作ってもらっていたし(暑い最中にカツカレーを作らされていた母は気の毒)、日本を発つ前は最後の一品として関西空港でカレーを食べることもしばし。地元在住ではないからカレールウ消費量アップには貢献できない。ちょっぴり残念である。

curryhouse1
英國屋の特製ビーフカレー
今回の里帰りの最後の一品

おいしかった〜

割烹でふるさとの四季の味

郷里に帰ってから、珍しく母と妹と3人でお昼を食べに出かけました。うなぎの日だったので鰻を食べようということになったのですが、お目当てのお店の前には、な、なんと、本日全ての鰻がすでに売約済みという貼り紙がああああ!まだお昼前だというのに?!鰻の蒲焼きのいい匂いを嗅ぎながら、空しくその場を去りました...

そのかわりに行ったのが、知る人ぞ知る割烹の名店。地元の食材を使った四季の味が存分に楽しめるというのです。ここで母の一押しのお昼のお弁当を食べることになりました。全部で20席ほどしかないこじんまりとしたお店です。カウンター、それから、入って右側のお座敷スペースにテーブルがふたつだけ。気さくな板前さんとお手伝いのおばさんが2人で切り盛りしています。お座敷のテーブルに落ち着いて、お目当てのお弁当を注文。

食前にサービスの冷たい梅酒が出てきました。間もなく一品め登場。日本海の幸のトップランナー鮃(ヒラメ)のお刺身です!
hasegawa2
新しいヒラメはほんのり桜色で透明感があって身が締まってる
今回の里帰りで口にしたお造りベスト1
これぞふるさとの味!

そして、お弁当です。おいしいものをちょっとずつ楽しむ日本の食文化の代表選手。見るだけですっかりうれしくなります。何もかもおいしくて舌鼓を打ちながらいただきました。
hasegawa3
地元ならではの夏の味は、トビコこと飛び魚の卵(手前2列目左)、それから、バイ貝
夏には滅多に里帰りしないので、口にするのは本当にひさしぶり


これらの料理を肴(アテ)に、これまた鳥取の銘酒鷹勇の冷たいのをいただくよろこび... しあわせでした

hasegawa4
ごはんにお漬物

ちょっと驚かされたのがお味噌汁。焼き茄子、アサリ、細ネギの取り合わせ。これはいけます。
hasegawa5

それから、とうもろこしの青じそのミニ天麩羅。
hasegawa6

シメはデザートのわらび餅。
hasegawa7

これらのお料理がたった1300円足らずで楽しめます。心からおすすめ!

聞くところによると、夜は、大将が早く家に帰りたいので9時頃に閉まってしまうんだそうです。良心的な価格設定といい、のんびりとした仕事のペースといい、好感が持てるお店です

いってきまーす ♪

2週間ほど留守にします。
ひさしぶりに夏の日本に帰ります。

trip

いってきまーす ♪

日本復興支援チャリティーイベント

6月10日(金)に職場で東日本大震災の復興支援イベントが催されました。午前中は日本文化がテーマのワークショップ、午後はチャリティーバザーにコスプレ・コンテスト。準備は主に同僚3人が尽力してくれました。わたしは、遠くから通っている事情が許す範囲で、ささやかながら協力させてもらいました。

ここが午後の会場です。当日予報されていた雨に備えて、バザーのブースはこの建物の正面玄関のひさしの下に設けられました。ブースは、日本の書籍販売、日本の小物販売、紋切りうちわ販売および教室、写真販売(わたしのブースです!)、中古本販売の合計五つ。
charity1
コスプレの若者たちも続々とやってきました

中古本販売コーナーの様子です。日本のマンガがたくさん。じっくり物色する人もかなりいました。ちらっと品揃えを見たら... 聞いたことも見たこともないマンガばかり。イタリアの若者たちの方がわたしよりも最新のマンガについてずうっとよく知っているのであります。
charity2

一番売れ行きが早かったのが小物でした。お守り、日本のお箸、ちりめんの小銭入れ、ミニ凧など、和のテイストたっぷりのアイテムばかり。値段設定も1~3ユーロでお手頃でしたし、イタリアでは見かけないものがほとんどだったこともあり、大人気でした。

コスプレ・コンテストを主催したグループの一部の面々。みんな水を得た魚のように生き生きしておりました。
charity3

コンテスト会場の入り口。このベルサイユのばらのマリー・アントワネットに扮していた女の子がそれはそれは美しく、おもわずパパラッチしてしまいました。
charity4

コスプレ・コンテストの様子です。参加者は、ただアニメの主人公の格好をするだけではなく、持参したBGMにあわせてちょっとしたプレゼンやコントをしたりします。こんな遠く離れた国の若者たちをここまで熱狂させる日本のアニメ文化の影響力のすごさを実感しました。
charity5

わたしが貢献したことは主にふたつ。ひとつは、シンガポール在住eさんが自ら立ち上げた復興支援チャリティーイベントのために制作した災害の実状を伝えることを目的にしたポスターのイタリア語版の準備と展示(eさん、ポスターのファイルを快く提供してくれて改めてありがとう!)。それから、もうひとつがわたしのオリジナル写真プリントおよびコースターの販売でした。

こちらがわたしの小さなブースの様子です。
charity7

オリジナル写真プリントは6種類、それぞれ大小2サイズ準備。プリントのサンプルは立てかけて展示しました。プリントの準備は自分が出来る範囲で最大レベルの気合いを入れて望みま した。プリントに使用したインクは100年保証(ホントかどうか知りませんが)、インクジェット用紙もエプソンの最上級のものを使用。手前に並べてあるのは、シンガポール在住のeさんが企画したイベントのためにデザインされたオリジナルロゴを使ったオリジナル・コースター(ロゴをデザインしたeさんのお友だちであるグラフィック・デザイナーのaさんが快くデザインの使用を許可してくださいました。再度お礼申し上げます!)

せっかく買ってもらったものをむきだしで渡すのはどうしても嫌だったので、紙袋とシールも準備(上の写真の右奥に見えるのがそれ)。準備した商品の値段リストも作りました。気分はすっかりお店屋さんごっこ ^^; 
charity6
出来るだけの準備はしたものの、当日を迎えるまでは「誰も来てくれなかったらどうしよう」とかなり心配でした。しかし、蓋を開けてみると、50人あまりのお客さんが購入してくれました。実は、自分の写真を対面販売するのは今回が初めてだったので、そういう意味でもかなりどきどきしていたんですが、多くの人から自分の作品への感想を直に聞くことができて感激しました。

charity8
塵も積もれば小さな山となる
わたしのブースの売り上げは105ユーロでした


今回のイベントは多くの方々の協力のおかげで実現しました。普段はちょっとツンとしていけずな職場のスタッフの人々も別人のように尽力してくれました。日本のために私も何とかしましょうという心意気がとにかくうれしかった。チャリティーバザーの収益総計が625.15ユーロ。参加者全員の気持ちがこもった625.15ユーロです。全額、日本赤十字に振り込まれます。

復旧支えたドライバーの矜持:ヤマト運輸の10日間

すごい!

クリック
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記