motocchioの食いしん坊日記

割烹でふるさとの四季の味

郷里に帰ってから、珍しく母と妹と3人でお昼を食べに出かけました。うなぎの日だったので鰻を食べようということになったのですが、お目当てのお店の前には、な、なんと、本日全ての鰻がすでに売約済みという貼り紙がああああ!まだお昼前だというのに?!鰻の蒲焼きのいい匂いを嗅ぎながら、空しくその場を去りました...

そのかわりに行ったのが、知る人ぞ知る割烹の名店。地元の食材を使った四季の味が存分に楽しめるというのです。ここで母の一押しのお昼のお弁当を食べることになりました。全部で20席ほどしかないこじんまりとしたお店です。カウンター、それから、入って右側のお座敷スペースにテーブルがふたつだけ。気さくな板前さんとお手伝いのおばさんが2人で切り盛りしています。お座敷のテーブルに落ち着いて、お目当てのお弁当を注文。

食前にサービスの冷たい梅酒が出てきました。間もなく一品め登場。日本海の幸のトップランナー鮃(ヒラメ)のお刺身です!
hasegawa2
新しいヒラメはほんのり桜色で透明感があって身が締まってる
今回の里帰りで口にしたお造りベスト1
これぞふるさとの味!

そして、お弁当です。おいしいものをちょっとずつ楽しむ日本の食文化の代表選手。見るだけですっかりうれしくなります。何もかもおいしくて舌鼓を打ちながらいただきました。
hasegawa3
地元ならではの夏の味は、トビコこと飛び魚の卵(手前2列目左)、それから、バイ貝
夏には滅多に里帰りしないので、口にするのは本当にひさしぶり


これらの料理を肴(アテ)に、これまた鳥取の銘酒鷹勇の冷たいのをいただくよろこび... しあわせでした

hasegawa4
ごはんにお漬物

ちょっと驚かされたのがお味噌汁。焼き茄子、アサリ、細ネギの取り合わせ。これはいけます。
hasegawa5

それから、とうもろこしの青じそのミニ天麩羅。
hasegawa6

シメはデザートのわらび餅。
hasegawa7

これらのお料理がたった1300円足らずで楽しめます。心からおすすめ!

聞くところによると、夜は、大将が早く家に帰りたいので9時頃に閉まってしまうんだそうです。良心的な価格設定といい、のんびりとした仕事のペースといい、好感が持てるお店です

山田家のざるぶっかけ

この夏、うどん好きとして大いに気になっていたのが、山田家のざるぶっかけ。里帰り前にお取り寄せして、実家に送っておきました。基本的に何の計画性もない人間ですが、こういうことにはやけに手順がいいのです。

yamadaya1
なかなか味のある包装紙

yamadaya3
真空パックの生うどん

暑い日のお昼ごはんに、ぶっかけうどんにしました。定番の大根おろし、すりごま、刻み葱、おろししょうがに加えて、すだちを添えるようにすすめてありましたが、ないので、すだち入りポン酢をかけだしに少々まぜて対処です。
yamadaya4
温泉卵、みょうがの千切りも添えました

おいしかった!

ぶっかけうどん、いいもんですねえ。ざるうどんよりも好きです。

京都でワイワイ(5):まんざら亭先斗町

スタバ、わらびもち、カラオケと、想定外の展開になった滞在2日めのシメは、まんざら亭先斗町!はじめてTちゃんに京都を案内してもらった時に連れて行ってもらった思い出の場所。ぜひSちゃんとダンナさんを連れて行きたかったのですが、体調不良で来られなかった彼のかわりに、急遽Tちゃんが参加してくれることになりました。

おいしかったもの、たっくさんある。それではいきまーす。

棒棒鶏風サラダ
manzara1

万願寺唐辛子の焼いたの
manzara3
万願寺唐辛子って初めて食べました
肉厚でおいしいものですねえ


京都といえば鱧!鱧落としの梅肉添え
manzara4
さっぱり上品!
Tちゃん曰く、鱧は骨をとるのが大変なので、既にこういう状態に準備してあるものを買い求めて食べるんだそうです


そして、名物の大根もち豚角煮あんかけ!
manzara05
あまりのおいしさに3人とも言葉をうしなった一品
さすが名物だけのことはあります!

あんまりおいしかったので、最後に再度注文しました

揚げだし茄子
manzara06

蓮根の明太子と海苔のはさみ揚げ
manzara07
レモンの絞り汁をかけて

若鶏と九条ネギの柚子胡椒焼き
manzara08

鮮魚と水菜のサラダ
manzara09
お刺身にはすでにしっかり味がついていて
野菜といっしょに食べるようになっている


醤味噌ときゅうり
manzara10
一同、凝りに凝ったきゅうりの切り方にびっくり!

最後にSちゃんと私がシメにおにぎりを頼んで終わり。以上、大満足!

前夜に引き続き、ここでも「食べる飲むしゃべる!」の愉快な夕べとなりました。今度集まれるのはいつかな。今回参加できなかったみんなも交えて、また近々集まれるといいよね。

京都でワイワイ(4):茶房小石

錦市場でおいしいおばんざいランチを楽しんだ後、「赤い鳥居の写真が撮りたい」という私のリクエストで、伏見稲荷へいくことになりました。しかし、行き方がわからない... わからなかったら聞けばいいということで、京都駅の案内所へ。ぶじ道順がわかったところで、バスに乗る前にスタバでお茶をしていたら、Tちゃんから電話!何と京都駅にいるというではありませんかー。5分後にスタバに現れたTちゃんは、嵐の暗黒の海の彼方で迷える小舟を導く灯台のごとし~ 台風接近中の悪天候で伏見稲荷はキツいということなので、あっさり180度方針転換して、祇園にわらびもちを食べにいくことになりました。

京都駅からバスに乗って祇園へ。三十三間堂、清水寺、八坂神社などには見向きもせず、甘みどころへ直行。我らが名ガイドTちゃんが導いてくれたのは、茶房小石。一階は満員だったので2階席へ。いろいろおいしそうなものがありましたが、私は迷わず昨日食べそこねた大好物のわらびもちと抹茶のセットを注文。Tちゃんはわらびもちオンリー、そして、Sちゃんは白玉団子。

Sちゃんの白玉団子
koishi1

私の抹茶とわらび餅のセット
koishi2

添えてある黒糖蜜をかけてから、わらびもちを一口食べて... 文字通りうなりました。何だ、このおいしさは~っ!!!今までの人生で食べたわらびもちで断トツNo.1。もっちり柔らかな食感がすばらしい。そして、この黒糖蜜がおいしいの何のって... わらびもちにも黒糖蜜がねりこまれているようです。

後日茶房小石のHPで知ったのですが、ここの黒糖蜜はただの黒糖蜜ではなくて、『秘傳の黒糖みつ』なんだそうです。甘いものはたいがいどうでもいい辛党の私のハートもがっちりつかんだ黒糖蜜。秘伝の味なのも心から納得です。

絶品わらびもちを堪能した後は、Sちゃんの熱いリクエストでカラオケへ。カラオケに行くなんて何年ぶりのことだったでしょうか。

京都でワイワイ(3):錦市場でお昼

京都滞在2日めは、SちゃんとダンナさんのDと3人で一日をすごす予定でしたが、お昼前に大丸で待ち合わせてドトールでお茶したものの、前日から調子が悪かったDはホテルに帰って休養することになりました。

さてどうしよう。Sちゃんは「まかせるよー」とのんびりしていますが、そう言われても私が事前に準備していたことといえば、食事をする場所を決めていただけ。ま、何とかなるでしょう ^^;

行き当たりばったりコンビがまず向かったのが錦市場。いろんなお店が軒を連ねていて、いつ行っても楽しい。
nishiki01
武者小路実篤の絵に登場しそうなカボチャ

内田漬物店のカボチャ漬け
nishiki02
初めて見ました!

日本の茄子は本当にうつくしい
nishiki04
買って帰りたかった

錦市場のアーケードが途切れたところに頭の神さま錦天神があります。
nishiki03

参拝を済ませるとそろそろお昼の時間になったので、「やお屋の2かい」へ向かいました。ここは、文字通り、明治15年創業の八百屋「かね松」の2階にあるお店で、季節の野菜をふんだんに使ったおばんざいが楽しめます。メニューは潔くセットメニュー1品だけ。
yaoya1

yaoya2
2階から八百屋スペースを見下ろした図

席につくと、やはり、まずほうじ茶が出てきました。
yaoya3
京都といえば、ほうじ茶だったんですねえ
京都には蛇口をひねるとほうじ茶が出てくるサービスがある小学校もあるんだそうです


のんびり話しているうちに料理が出てきました。
yaoya4
野菜好きにはたまらない御膳!
いろんなものが少しずつ出てくるのがうれしいですねえ
どれもやさしく上品な味付けで、それぞれの野菜のおいしさが楽しめました

お料理の内容は、普通お店の方が説明してくれるのですが、なぜか私たちに料理を持ってきてくれたお姉さんはしてくれなかったので、Sちゃんと「おいしいけど、これは何だろうねえ」と食べながら謎を深めておりましたが、後でお金を払う時にレジの前の壁に貼ってあったメニューを見て、「ああ、あれはXXだったんだねえ!」と納得。盛り上がる私たちに、野菜の説明をしてくれた年配のお店の方のやさしさがうれしかったです。

yaoya5
年をとったら、こういう食生活を毎日したい

2人でどうしてもわからなかったのが曙胡瓜のあんかけ。冬瓜のあんかけのような味わいでした。
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記