motocchioの食いしん坊日記

ラフティー

先日中国人のお客さんがありました。イタリアに一ヶ月前に引っ越してきた青年で、クマ夫の職場の後輩です。何が食べたいのかクマ夫経由でたずねたら、とにかく白いごはんが食べたいとのこと。そうかあ... 気持ちはわかるよ。いくらイタリア料理がおいしいとはいえ、毎日パスタやパニーニだったらうんざりするし、ごはんが恋しくなるよね。よし、わたしに任せて!

と、使命感にかられてメニューを考えました。いろいろ迷いましたが、落ち着いたのがこちらの和中折衷メニューです:
ー 菜食蓮根餅(からし醤油添え)
ー 赤かぶの梅酢和え
ー アスパラのバター醤油炒め
ー 大根とシトロンコンフィのサラダ
ー 茄子と青唐辛子のピリ辛味噌炒め
ー ラフティー(沖縄風豚の角煮)

どれも普段うちでよく作っている料理なのですが、豚の角煮はひさしぶりでちょっと緊張しました。ちょっと手順を誤ると、固くなったり、柔らかくなってもジューシーさにかけてスカスカになったりするのです。しかも客人は中国人…いつもは有本葉子さんのニンニクたっぷりの長崎風豚の角煮のレシピを使っているのですが、何故か気分はラフティー(沖縄風の豚の角煮)です。泡盛(なければ日本酒)たっぷり入れてしっかり下茹でしてから、カツオだし、砂糖、醤油でコトコト煮ます。ニンニクは入らず、カツオだしが入るのが特徴です。しかし、下煮が終わってからは、東坡肉(本家中国の豚の角煮)を作る時の要領で、丼に煮汁ごと入れて4時間ほど蒸しました。蒸す方が煮るよりも火のあたりかたが柔らかくふっくらジューシーに仕上がるんだそうです。途中ときどき肉をひっくりかえしたり、煮汁をかけたりして、面倒をみます。

できあがりです。
豚の角煮

最後にこれを出したとき、中国人の青年は「スゴイ!」と日本語で歓声をあげてくれましたが、(彼はイタリアに来る前は日本に3年間住んでいたので日本語ペラペラ)、彼が実際に味見してからの感想を聞くまではドキドキ。一口食べて「おいしいです!」と嬉しそうに言ってからは終始無言。途中ごはんをおかわりして、一滴の汁も残すことなく完食してくれました。ほっとしました。

東坡肉風に仕上げたラフティ、今まで作った豚の角煮でいちばん気に入りました。にんにくが入らずダシで煮るので、やさしい味わいです。皮付きの豚バラの固まりを使ったのですが、この皮の部分がとろっとして一番おいしい。今回使った豚バラは赤身が多いヘルシー版でしたが、角煮にはなるべく赤身と脂肪が同じような厚さで層になっているものを使った方がより柔らかな仕上がりになるそうなので、次回はそういう部位を使ってみたい。カロリーが気になりますが、ここまで手間をかけてたまに作る料理だから、ま、いっか ^^;

いつか本格的に泡盛で作ってみたいなあ。って、イタリアでどうやって?!

鶏つくねバーグ

冷凍庫の霜とりの際に中の整理もしました。びっくりしたのが鶏肉がごろごろ。いつの間にこんなにためこんでいたのか。

とりあえず大きな胸肉の固まりを解凍して、ひさしぶりに鶏つくねバーグを作りました。参考にしたのはこちら。

Cpicon 鶏のつくねバーグ by リカミントさん

人気メニューのようで巷にはありとあらゆるレシピがありますが、具材がいろいろ入らなくてシンプルなのが気にいったので、こちらのレシピに決めました。

元のレシピでは、玉ねぎと生姜はみじん切りを入れることになってますが、私は玉ねぎはみじん切りしてから電子レンジで5分チン、しょうがはすりおろして絞り汁だけ入れました。
鶏つくねバーグ
小さいのはお弁当用

このレシピは両面をこんがり焼いてから、タレをからめる前に水を入れて蓋をして蒸し焼きにするので、仕上がりがふっくらするのが非常によいです。

七味をかけて、ビールを飲みながらいただきました。クマ夫もおおよろこび。

鶏つくねバーグは、お財布にもやさしいし、お弁当のおかずにもよいし、大人にも子どもにもよろこばれるし、いいこと尽くめですね。もっと頻繁に作りたい一品です。

おうちで焼き肉

この頃、韓国料理づいてる我が家。先週末の日曜の晩ごはんは、ひさしぶりに焼き肉にしました。焼き肉の時は、いつも行きつけの肉屋さんにローストビーフにすると思われる部位を薄切りにしてもらっています(薄切りといっても、熱さが3~4ミリですが ^^;)。脂分がないのでヘルシーなのは有り難いのですが、日本のお肉に比べるとやっぱり固い...。固い肉をいかに柔らかく調理して食べるかが工夫のしどころですね。

いろいろある韓国風焼き肉の作り方の共通点のひとつが、肉を柔らかく仕上げるコツ。まず、もみだれに漬ける前にあらかじめ砂糖で肉をもんでおく。それから、肉がかたくなるので、決してもみだれに漬けすぎない(10~15分ぐらいが良い加減)。

今回はこちらのサイトを参考にもみだれを用意。
yakiniku5
そろそろお肉が漬かりました~。焼く直前に胡麻油をかけて混ぜてから、高温に熱したグリルパンで一気にさっと焼きます。

焼けてきた、焼けて来た...
yakiniku6
こんがり焦げ目をつけるとおいしい!
ぐずぐずしてると肉が堅くなるので、とにかく作業は素早く!

我が家では、焼きたてのお肉をみそだれ、細ネギ、ごはんといっしょにサニーレタスで包んで食べます。みそだれは、いつも『赤く熱く豪快にキムチ料理 ー 味わいつくすピリ辛料理100』 に掲載されているレシピで作っています。鍋にみそ大さじ3、コチュジャン大さじ1&1/2、砂糖大さじ2、酒大さじ2、すりごま大さじ1/2を入れて、なめら かになるまで混ぜ合わせてから、弱火にかけてぽってるするまで練ります。胡麻油大さじ1をすこしずつ加えながら、更に練り、火をとめてからも胡麻油を香り づけに少し加えて出来上がり!このみそだれは、元々は野菜用のたれなので、レタスのみならず、野菜スティックにつけてもいけますよー。
yakiniku7a
毎回レタスが足らなくなるので、どどーんとボウル一杯用意しました!

いただきまーす!
yakiniku8
焼き肉にはやっぱりビールだね!

ここ数年、元々弱かった胃腸が年のせいでますます弱って、日本の焼き肉屋で焼き肉食べるたびに苦しむんですが、自宅で食べる焼き肉は何故か大丈夫。赤身だけでさっぱりしてるからお腹にやさしいのかな。

本格的じゃないピザ職人風チキン

イタリア料理にピッツァヨーラ(ピザ職人風)という料理がある。元々はナポリ湾を囲むカンパニア州の郷土料理だけれど、イタリア中で一般的に食べられている。トマトソース、ケッパー、オリーブ、オイル、にんにく、オレガノをのっけた肉の薄切りをオーブンで焼いたもの(写真)。ピザ職人(イタリア語でピッツァヨーロ)のラファエラ・エスポジトという人がマルゲリータ王妃夫妻のために作ったのが始まりらしい。

先日行きつけの職場の近くのお店の今日のスペシャル・メニューにピザ職人風チキンとあったので、ひさしぶりに食べたくなって頼んでみた。
briro's lunch

ケッパーもオレガノも入ってないし、黒オリーブなんかのっかてて、何だかちょっと違うなー。でも、これはこれでとってもおいしいのでヨシとする!

モロッコ風ソーセージ

行きつけのモロッコ食料品店で、前から気になっていたのが赤い色のソーセージ。いつ行っても新しそうなのが山になっているのです。

前にハンブルグに行った時に似たようなアフリカ風ソーセージのグリルを食べて、とってもおいしかった幸せな記憶があるし、どうしても味見してみたくて、お店のおじさんに質問:

わたし「このソーセージ、何の肉でできてるの?」
おじさん「牛肉。羊肉もちょっとはいってるよ」
わたし「スパイシーなの?」
おじさん「あんまりスパイシーじゃないよ」
わたし「どうやって食べるの?」
おじさん「フライパンで焼けばいい。途中、ナイフでちょっと穴をあけて、ソーセージの油を出してから焼くといいよ」

味見に1人2本ずつ買いました。
morocco_sausage2
しっかりしたオレンジ色
あんまり辛くないということは、赤唐辛子の粉に加えて、
パプリカも入っているのだろうか


おじさんの指示に忠実に従って焼きました。

できあがり〜♪
つやつやおいしそうに焼けました!
morocco_sausage
つけあわせは、チェリートマトとルッコラのサラダ、それから、焼き茄子のハリッサ添え
ハリッサは、缶詰めのじゃなくて、何とフレッシュタイプ
ソーセージといっしょに買いました
EVオリーブオイルを加えて混ぜてから使います


さて、いただきまーす。激うまです!いろんなスパイス、それから、にんにくもすこし入っているでしょうか。豚肉よりも牛羊の合挽は風味が強そうだから、スパイスを利かせたほうが多分いいんでしょうね。次回はぜひクスクスを添えて食べてみたいです。

飲める方へ:
ビールがすすむソーセージです!
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記