motocchioの食いしん坊日記

ポレンタとラグーの重ね焼き

コーンミールを練って作るポレンタが余ってしまったらどうする?

まだ柔らかいうちにタッパーか何かにいれてエイエイと押して固めてから冷蔵庫に入れておくと、ゼリーみたいに固まります。これを適当にスライスしてバターをぬった耐熱皿にしいて、トマトソースやミートソースをかけてからオーブンで焼くとおいしい!

polenta_kasaneyaki
ラザニアの要領で、最後にすりおろしたパルメザンチーズで表面をおおって、バターの粒をぽつぽつと適当においてから焼くと、おいしそうな焼き色に仕上がります

ほうれん草とリコッタのニョッキ

久しぶりにほうれん草とリコッタのニョッキを作りました。ニョッキといえば有名なのはマッシュポテトをベースにしたものですが、もうひとつのタイプがリコッタと小麦粉をベースにしたものです。

ricotta1
市場で買った羊のミルクのリコッタ

リコッタ、小麦粉、茹でほうれん草、とき卵、パルメザンチーズ、塩をよく混ぜて種を作ります。

ricotta2

牛乳にゴルゴンゾーラを溶かして作ったソースを用意します。
ricotta3

熱々をめしあがれ〜。
gnocchi

チロル風クヌーデルのグリーンサラダ添え

数年前にも紹介しましたが、私が住んでる南チロル地方では、クヌーデルがよく食べられます。古くなったカイザーブレッド(センメル)の切れ端を卵液にひたしてやわらかくして、好みの具を混ぜて作ります。基本的なタイプは、シュペック(チロル風生ハム)、ほうれん草、チーズの3種。

自分で作るのは楽しいけど、いそがしい時はめんどうくさい。出来合いのクヌーデルも十分おいしいので、上手に利用している家庭が多いようです。

昨日我が家もひさしぶりに行きつけのお惣菜屋さんで買ってきて食べました。熱湯で15分ほど茹でるだけで出来上がり〜
knoedel1
ほうれん草入りとチーズ入りの組み合わせ

春や夏は、茹でたてにグリーンサラダや山のチーズを添えて食べます。
knoedel1_1

ローマ風ニョッキ

ニョッキといえば、ゆでじゃがいもをつぶしたもに小麦粉をまぜて作るタイプを思いうかべる方がほとんだと思いますが、全く別のタイプもあります。その名もローマ風ニョッキ (gnocchi alla romana)。セモリナ粉、パルメザンチーズ、牛乳、バターを混ぜたものを熱を加えながら練りに練り、冷ましたて1センチほどの厚さにのして丸く型抜きしたものを耐熱皿に並べてオーブンでこんがり焼いたもの。

1回挑戦したことがあるんですが、練り方が甘かったのか、水気が多すぎたのか、冷やしてもうまく固まらず失敗... イタリアの家庭の嫁になるには、まだまだ修行が足らぬと反省したものです。

先日クマ夫のお母さんから、たくさん作ったからと、ローマ風ニョッキをおすそわけしてもらいました。オーブンであたため直して、いただきま〜す。やさしい味わいのニョッキです。セモリナ粉のちょっとぷちぷちした食感もおもしろい。

gnocchi

ローマ風ニョッッキ、元々はクマ夫のおばあさんのニコリーナがよく作っていた料理。クマ夫いわく、おかあさんバージョンは、おばあさんの味と同じなんだそうで。祖母から母へと家庭の味の伝統は、しっかり受け継がれているんだね。クマ夫の好物でもあることだし、わたしもまたがんばってみるかー。

切った!焼いた!食べた!ポレンタ豆腐

近所に地方特産物(イタリア語でProdotti tipici/プロドッティ・ティピチ)のお店ができました。こういうお店には、たいがい店主が自分の舌で確かめて選んだおいしいものが置いてあるので、大いによろこばしいことです。                            

先日立ち寄ったら、お店のおばさんが「ヴェネト産のポレンタ(とうもろこしの粉を練ったもの)があるわよ」とすすめてきました。このお店はヴェネト州パドヴァ出身の家族が経営しているので、ヴェネトのうまいもんがいろいろ置いてあるのです。私たちが住んでる地方はおいしいポレンタで有名ですが、ヴェネト人自慢のポレンタに興味があったし、ポレンタは好きだけど自分で作るのは面倒くさいので、試しに買ってみました。

これです。冷やして固めてあるタイプ。胡麻豆腐、ピーナッツ豆腐、卵豆腐を連想する。うん、これは『ポレンタ豆腐』だね。

polenta1

スライスして、フライパンやグリルパンで焼いたり、ソースをかけてオーブン焼きにして食べたりします。

polenta2
1センチぐらいの厚さがちょうどいい

冷凍庫に作り置きのボローニャ風ラグー(ミートソース)があったので、バターで焼いたポレンタの上にかけて食べました。最近ほぼベジタリアン化している我が家ですが、たまにはこういう料理もいいもんだねえ。

polenta3
パルミージャーノ・レッジャーノをかけて召し上がれ
おいしいけど、こんなの毎日食べてたらデブ街道まっしぐら


ヴェネトのポレンタ自体は、おいしかったけれど、特に変わった味がするという訳ではなかったです ^^:
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記