motocchioの食いしん坊日記

ハヤシライス

今年の夏、日本に帰った時にスーパーでグリコのハヤシライスの素を見た時、心の中で「これだあ!」と叫んで、思わず一パック買って持って帰ってきました。

そしてついに今日の夕飯に作って食べてみました。ふと考えたら、ハヤシライスを作って食べるのは人生で2度め、イタリアに引っ越してきてからは初めて。
e220491h
作り方はこちらのページを参考に。ちょっぴり一手間かかっておりますよ。赤ワイン入れてデグラッセ(どういう意味じゃ?!)したりなんかする。日本で売ってるような薄切りの牛肉は売ってないけれど、肉屋のおじさんに頼んでなるべく薄く切ってもらいました。マッシュルームは中に入れるかわりにソテーして添えてみました。

できあがり〜。
hayashi rice
ハヤシライスって、めったに食べないけど、おいしいわ〜。作るのも簡単だし。でも、同類のカレーにインパクト負けして忘れられてしまいがちなんだよね...

ドドーンとバースデー・パエリア

諸聖者の日の昨日は休日、そしてクマ夫の誕生日でした。

仲のよい友だちを数名招き、バースデーパエリアをドドーンと作りました!
paella moto
バレンシア風パエリアをアレンジしたものです。伝統的なレシピでは鶏肉かウサギ肉、いんげん、豆、トマト、燻製パプリカが入りますが、肉の替わりに彩りのよいチョリソ(ニンニクやパプリカがたっぷり入ったスペインのソーセージ)を使いました。

このパエリア鍋は8人用(EL CID社の製品で日本でも販売されているようです)。この夏バルセロナに行った時に買ってきました。なかなかおろす機会がなかったのですが、ようやく晴れてお披露目することができました。使い始める前にこちらのページを参考にお手入れ。錆び止めをとるためにガンガン焼きを入れて、ガシガシ洗ってから、乾かして油を外にも中にも塗りました。
paella pan
焼きを入れているところ

焼きリゾットのゴルゴンゾーラ添え

残り物のラディッキョのリゾット。電子レンジでチンだけは何だかつまらない。サフラン味やトマト味だったらアランチーニ(ライスコロッケ)にするとおいしいけど、手間がかかるし、ラディッキョのアランチーニって今いちそう。

そこでパッと閃いたのが焼きリゾット。レンジで少し温めて柔らかくしておいてから、たっぷりバターを温めたフライパンに薄くのして両面をこんがり焼きます。崩れやすいので、焼きながらヘラやフライ返しで押して形を整えます。
risotto oyaki2
それでもひっくり返すときに必ず無惨にも崩壊。めげずに形を整えなおして、もう片面もこんがり焼き上がったら、お皿をフライパンの上にあててひっくり返します。

そのまま食べてもおいしいけれど、ラディッキョととっても相性のよいゴルゴンゾーラを添えてみました。
risotto oyaki
外がカリっと焼けたリゾットとクリーミーなチーズのハーモニー。

おいしかったです!

リゾット・ミラネーゼ(ミラノ風サフランのリゾット)

すっかり涼しくなって、ひさしぶりにリゾットが食べたくなりました。うちにある材料で作れるリゾット・ミラネーゼにしました。サフランの黄色があざやかなリゾットです。

ロンバルディア州を代表する料理で、よくオッソ・ブーコという肉の煮込みと一緒に食べられます。本場では、牛骨、肉のかたまり、骨髄などでとった濃厚なスープでリゾット・ミラネーゼを作るんだそうです。そこまで本格的なものは作れませんが、ちょっと前にボッリート・ミストを作ったときにとれたスープを冷凍していたので、それを使いました。

普通のシンプルなリゾットを作り、最後の方で熱いスープとあわせて発色させておいたサフラン、おろしておいたパルミジャーノ・レッジャーノ、バターを加えます。
milanese
今回は、食いしん坊友だちのs.b.さんがイスタンブールの市場でおみやげに買って来てくれた上物のサフランを使いました。色も香りも抜群!

熱々をお皿にもって、好みでおろしチーズをちょっとかけていただきます。

残り物を平たくのしてバターでこんがりキツネ色に焼いて食べるとおいしいんだけど、全部食べちゃいました。

ゴーヤ卵とじ丼(肉なし)

先日ふたたび行きつけのパキスタン食料品店でゴーヤを買った。前回は大きいのを一本だったが、今回は短いのを4本。とりあえず1本めは梅酢あえ。2本めは1人お昼にゴーヤ卵とじ丼。豚肉の買い置きが切れていたので肉なしで。

ミニゴーヤ1本は種とワタをとって5ミリ幅に切り、苦味をとるために塩をふって10分ほど置いてから水洗い。玉ねぎ1/4個は薄切り。

フライパンを熱して胡麻油を入れ、まず玉ねぎを炒めて透明に数分したら、ゴーヤ入れてダシの素少々ふってから更に炒める。ゴーヤの歯ごたえを楽しむために炒めすぎないのがポイント。めんつゆ、日本酒を入れて、一煮立ちしたら、溶き卵1個流し入れて、蓋をして火を弱めて30秒。丼によそおったあったかいごはんの上にのせたら出来上がり。お好みで七味唐辛子をかけていただきま~す ♪
goya
おいし~い!

ゴーヤを初めて卵とじにしてみましたが、いいもんですねえ。
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記