motocchioの食いしん坊日記

ピリ辛味噌マヨ釜揚げうどん

今日はひさしぶりに熱々釜揚げ練り胡麻うどんを作ろうと思ったら、練り胡麻を切らしてるーっ!しかも気づいたのは、材料をすべて切りそろえて、うどんを茹で始めたあと...

急遽冷蔵庫のある材料で別の味付けをすることに。試してみたのが、味噌大さじ2+胡麻油大さじ1+マヨネーズ小さじ1+豆板醤小さじ1+砂糖小さじ1+にんにくのすりおろし少々をようく混ぜたもの(分量は二人分)。

茹で上がったうどんと野菜を丼に盛りつけて、タレと七味をかけて、ようく混ぜたら出来上がり〜。

ビフォー
before after1


アフター
うどん
これはこれでおいしかった〜

シンプル塩味白菜うどん

寒くなった途端に大根がみずみずしくなり、市場で白菜を見かける様になりました。

大好きな白菜!

この秋はじめて買った白菜は、白菜そのものの旨味を味わいたかったので、ひさしぶりに庄司いずみさんのシンプル塩味白菜うどんにしてみました。
hakusai udon blog

いつ食べても材料が白菜、塩、辣油だけなんて信じられないおいしさに感動。食べた後もお腹がぽかぽか気持ちいい。シンプルな材料でシンプルに作れるし、白菜もたっぷり食べられて身体にもやさしい。良いことづくめの傑作レシピです。

これを作って食べるたびに、このレシピを教えてくれたシンガポール在住のeさんのことを考える。eさん、相変わらずおいしかったよ〜

車麩とニンニクの茎の炒め物

冷蔵庫の調子が悪いので、肉、魚、豆腐など腐りやすい食材の購入は控えております。意外に持ちがいいのが野菜。ということで、ここ最近は野菜、それから、買い置きしている缶詰や乾物を使ったメニューが中心になってます。

こんな状況で先日作った適当メニューが車麩ミートを使った一品です。『ターサイと車麩ミートの炒め物』というこちらのレシピにインスピレーションを受けました。まず、車麩を酒、水、醤油を混ぜた物で戻してから、半分の薄さに切って食べやすい大きさに切ってから、片栗粉を薄くつけて揚げ焼きにします。
butabara1
見た目は豚バラそっくり!そのまま食べてもおいしい。

ニンニクの茎とコチュジャン炒めにしました。
butabara2
これは白いごはんやビールがすすみます。

車麩ミートは本物の豚バラのような歯ごたえはありませんが、肉とはちがって臭みがまったくないし、下味を漬けてから揚げ焼きにすることによって食感も味も非常によくなります。また、これを入れることによってただの野菜炒めがぐっとごちそうらしくなりますしね。

麩を使ったおいしいレシピといえば、vege diningの庄司いずみさんがたくさん発信されてますよね(例:にんにく風味の車麩唐揚げ、車麩キャベツのお醤油焼きそば)。興味がある方はぜひチェックなさってみてくださいね。

お麩とにんじんの肉団子風

久しぶりにizumimirunさんこと庄司いずみさんのレシピです。『モデルが通う料理教室のデトックス・ベジ定食』に掲載されているお麩とにんじんの肉団子風。すりおろした車麩、にんじん、小さく刻んだ椎茸(なかったので、ブラウンマッシュルームで代用)、片栗粉、塩を混ぜて丸めて揚げ焼きにするだけ。
carrot ball
ハワイのレッドソルトを添えて

これはおいしい!肉を使った肉団子よりも好きかもしれない。

それにしても、車麩をおろして使うという発想がすばらしいですね。次回は高野豆腐をすりおろして作るベジバーグを試してみようかと思ってます。

デトックス・スープ

夏になって出かける機会が増えて、気がついたら、せっかくすこし減った体重がまた増えているではありませんか!非常事態宣言だわ!

ということで、前々から気になっていた、izumimirunさん(庄司いずみさん)のデトックス・ベジスープを作ってみることにしました。

デトックスとは?『庄司いずみのデトックス講座』のページにわかりやすい説明があります。また、こちらのサイトには基本のベジスープの作り方も掲載されています。スープを煮る時には味付けはせず、スープボールの中に好みの調味料を入れて味付けするというのがおもしろいですねえ。飽きっぽいわたしにはありがたいです。

デトックス・ベジスープの基本の野菜は六つ。切り干し大根、大根、しいたけ、トマト、玉ねぎ、キャベツです。いい顔ぶれですね。聞いただけで野菜好きはうれしくなります。それぞれの食材にそれぞれの効用があるのですね。

それでは、いってみよ〜!あいにく切り干し大根を切らしていたので、乾燥ごぼうで代用。それから、基本の野菜とショウガの千切りに加えて、サンドライトマトの千切りも入れました。先日サンドライトマトのシチリア風ペストを作った時に気づいたのが、サンドライトマトを水に漬けてやわらかくしている時に出るダシの素晴らしさ。いつかこれでスープを作ろうと思っていたので、早速デトックス・ベジスープに入れちゃいました。

材料と水を鍋に入れてコトコト煮ること10分あまり。出来上がり!サンドライトマトの塩気が聞いているので、塩を入れる必要はなし。ボールに挽きたての黒こしょうたっぷり、EVオリーブオイルを少々たらして、いただきまーす。

detox_soup1

これはおいしい...!いろんな食材からだしがたっぷり出て、野菜だけでこんなに旨味が出るのかと感動しました。それから、繊維質が多いので噛む回数が多くなり、自然とゆったり時間をかけて食べられます。食べてる時もしあわせですが、食後のお腹の気持ちよさといったらありません。お腹のあたりがほっこりポカポカ〜。

あんまり気に入ったので、4日連続で作っちゃいました。これは本日の味噌味バージョン。
detox_soup2

サンドライトマトは抜きで、トマトと切り干し大根のかわりにプチトマトと乾燥ごぼう。それから、千切りしょうが、冷蔵庫にすこし残っていたズッキーニも入れました。大好きな七味をたーっぷりかけていただきました。和風もいけます!このバージョンを食べながらしみじみ思ったんですが、トマトと味噌ってホントにあいますねえ。

デトックス・スープ・ダイエット、すっかりはまりました。モダン薬膳スープ生活、しばらく続けてみるつもりでいます。
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記