motocchioの食いしん坊日記

イタリアで本格中華を食す

ご近所に、ちょっとうらぶれた雰囲気の中国人経営のレストランがあります。出す料理はピッツァ、中華、寿司、タイ料理... 今までの経験からいって、この手のレストランに当たりはほぼない。

という訳で敬遠してたんですが、先日仲良しの友だち夫婦がこのレストランで素晴らしくおいしい本格的な中華を食べたというんです!この街に仕事で一か月ほど滞在していた中国人夫婦に招かれたんだとか。この夫婦、街の中華料理レストラン26件をすべて試し、ここが一番おいしいという結論に達したんだそうです(アッパレ!)。厨房で腕をふるっているのは四川省出身の料理人...

話を聞いて矢も盾もたまらなくなり、漢字で代表的な四川料理の名前を表記した伊訳付きメニューを作成し、クマ夫といっしょにレストランへ出向き、私たちにも料理を出してくれないかと交渉スタート。こんなことを頼まれたのは初めてだったようで、オーナーの女性は最初いぶかしそうにしていましたが、友だち夫婦の話をしたら、一気に話の通じがよくなって笑顔でOKが出ました。自家製メニューを見ながら、料理の内容を相談し、7品コースが出してもらえることになりました!

当日は夜8時に現地集合。気持ちのよい夏の夜、外のテーブルに座って、とりあえず青島ビールで乾杯。参加者6人がそろったところで、早速前菜の蒸三粉餃が出てきました。

7_cena_cinese01

周りが味見もせずにいきなりドブドブ醤油をかけるのを尻目に、私はチリソースを所望。自家製と思われるマジなのが出てきました。
7_cena_cinese02
餡は挽肉、ニンジンなどの野菜。皮は自家製。ほっとする家庭的な味。おいしいです。チリソースとの相性抜群。周りも全員私の真似をして食べて、おいしいと言っておりました。

前菜を食べ終えると、白飯6人前といっしょに次から次へと皿が出てきました。
7_cena_cinese03

炒蒲瓜(ヘチマの炒め物)
7_cena_cinese04

紅焼茄子(ピリ辛揚げ茄子)
7_cena_cinese05

定番麻婆豆腐!
7_cena_cinese06

これまた四川料理の定番、魚香肉絲(細切りにした肉や筍を野菜のピリ辛炒め)
7_cena_cinese07

宮保雛丁(鶏肉とピーナッツの辛味炒め)
7_cena_cinese08

空芯菜のにんにく炒め
7_cena_cinese09

外れ一切なし!何かもおいしい!!!イタリアの中華料理の多くは味の素が入りすぎてて後からやたら喉が渇くんですが、そういう問題もなし。この店、大当たり!

しかも、お勘定は、ビールを大瓶5本込みで、1人13ユーロ弱(およそ1400円)... 安い、安すぎる。料理もサービスも素晴らしかったので、全員一致でチップをはずむことにしました。

しかし、どうして堂々とこの本格的な中華のみで勝負しないのか。イタリアの中華料理の評価は限りなく低いんです。世界三大料理なのに... イタリア在住の中国人は、レストラン経営者に限らず、自分たちが普段食べてる料理はイタリア人の口にはあうはずはないと信じこんでる人が多いと耳にしました。もっと自信持ってほしい!

家に帰ってから、あんなお願いをしていやがられたんじゃないだろうかと、気配りの男クマ夫は気にしておりました。「そんなことはない!自分たちの国の本当の料理の味をよろこんでもらえて、うれしかったはずだ!」と私は言いきりましたが、見るからに素朴な家族の顔を思い浮かべると、何だか心苦しかった... でも、翌日の朝、レストランのオーナーの女性と偶然道ですれちがった時に満面の笑顔であいさつしもらい、胸のつかえがとれました。

ようし、次回はもっと人数を集めて、もっと品数を注文しよう!あのお店はおいしいと友人知人に宣伝しよう!なんて、1人勝手にちょっとはりきっております ^^

乾燥アンチョ・チリでサルサ・ロハ

毎日暑いです。私たちが住んでる街は盆地にあるので、南チロル山脈にあるとはいえ、暑いのなんの。昨日の最高気温は35度でした。

暑い季節は、スパイシーなものがおいしい!毎日手をかえ品をかえ、いろんなスパイシーな料理を作って楽しんでおります。先日は、メキシコ産の乾燥アンチョ・チリ ancho chile を使って、サルサ・ロハ salsa roja (スペイン語で『赤いサルサ』)を作ってみました。

これがアンチョ・チリ。
7_salsa_roja1
長さは10cm前後
いい匂いがします


ネットでレシピを検索すると、いろいろな作り方があります。最終的には、チリを水で戻してから、完熟トマト、にんにく、玉ねぎ、水、ライムジュース、塩と一緒にブレンダーにかけました。

できあがり!
7_salsa_roja2

日本の唐辛子ほど辛くなくて、さわやかでマイルドな辛味です。トルティーヤ・チップスにつけて食べるとおいしいですが、肉料理との相性も抜群!

カリフォルニアに住んでたころは、外食で随分お世話になったメキシコ料理。自分で作って口にするたびに何ともなつかしい気持ちになります... とはいっても、サルサは簡単すぎて料理のうちに入らないですけどね!

切って混ぜるだけ:中東のサラダ、タブレ

暑い日は料理が辛いですね。なるべく火を使わない料理が作りたくなります。日本では、キュウリやトマトを切って冷や奴.. イタリアではトマト切ってバジルやオレガノ入れて水牛モッツァレラ... 似た様な物です。

場所を変えて中東だとタブレ。夏野菜とパセリを切った物にクスクスかブルグル(挽き割り小麦)を加えて作ります。

タブレの本場はレバノンです。ロサンゼルスに住んでる頃、近所に小さくなレバノン食堂があって、ここの看板メニューがタブレでした。注文すると、カウンターの向こうのお兄さんがハンパじゃない大量の刻みパセリ、小さく切ったトマト、キュウリ、玉ねぎのみじん切り、EVオリーブオイル、レモンジュース、それからブルグルをボウルに入れて混ぜて出してくれたものです。クスクスはお湯と混ぜて蒸らしてほぐしてから野菜と混ぜますが、ブルグルのいいところは、さっと水で洗って混ぜるだけ。後はサラダの水分を吸って自然に柔らかくなります!

これがブルグルです。イタリアで売られているのはトルコ製です。
bulgur

トマトとキュウリの小さな角切り、パセリと赤玉ねぎのみじん切りをボウルに入れて、EVオリーブオイル、レモンジュース、塩こしょうで味付けして混ぜてから、ブルグル投入。
taboulet2

5分もすると、ブルグルが水気を吸って柔らかくなってきます。お好みの固さになったところで召し上がってくださいね。

taboulet3
野菜の割合はお好みで
トマトを多めに入れると旨味アップ
もっとパセリをたくさん入れると本場レバノン風になりますよ


ブルグルは細挽きと粗挽きがあります。サラダに適しているのは細挽きの方です。ブルグルはパン粉にかわりに肉団子に入れてもおいしいですよ。

モロッコ風ピリ辛ヨーグルトディップ

3月に入ったら急に春がやってきました!まだ朝は肌寒いけれど、日中は冬のコートなしでOK。何よりも陽射しが明るく柔らかいのがうれしい〜

早速クマ夫と仲良しのF.C.といっしょに近場の丘まで散歩。春モード一番乗りの黄色の小さな花(名前は例によってわからない)が何ともかわいらしい。
8522952945_5a1ca909d5
春のヒカリのうつくしさは特別

今週は職場で不愉快な目にあって散々でしたが、新しい月および季節になって気分一心。自然の癒しの力に感謝。

土曜日の夜は、暖かくなったせいか、なぜか気分はひさびさにモロッコ料理。大好物のチキンとレモンのタジンを作りました。タジンができあがる前につまんだのが、モロッコ風ピリ辛ヨーグルトディップ。ベジタリアンのアメリカ人の友だちが教えてくれたレシピです。

作り方はとっても簡単。ヨーグルト大さじ5、ハリッサ(モロッコのチリペースト)小さじ1/3〜1/2、香菜の粗みじん切り小さじ1/2〜1、塩ふたつまみを混ぜるだけ。お好みの生野菜のスティックにつけて召し上がれ〜
dip blog
本日は小ぶりの白カブ

パンにつけて食べてもおいしいですよ〜


アフガニスタン料理:ブラニ(揚げ茄子のトマト煮)

長距離通勤がはじまりました。先週末から始まった体調不良で一時はどうなるかと思いましたが、何とか復活。ぶじ今週のお勤めを終えることができました。来週はもっと忙しくなるので、今週末ゆっくり休んで英気を養わなくては。

食事も、せめて自宅にいる時は、野菜と果物をたっぷりとることを心がけたいものです。今日のお昼は、ひさしぶりにアフガニスタン料理のブラニ(揚げ茄子のトマト煮)を作りました。皮を剝いて大きめの縦切りにした茄子は薄塩をして置いておきます。鍋にトマトピューレ、水、ニンニクの擦りおろし、塩、コリアンダー(粉末)ひとつまみを用意して沸騰させてから弱火。この段階では薄めのトマトスープの様な感じで。茄子の水気が出たらペーパータオルでふいて、キツネ色になるまでカラリと揚げて、揚がったものから鍋に放り込んでいきます。全体的にとろりとするまで煮詰めて、最後に塩味を整えてできあがり〜。

熱々のごはんの上にかけていただきます。食べる前にヨーグルトも少々かけます。
brani
先日作っておいしかったサヤインゲンのサブジ添えました

この料理が大好物なクマ夫はおおよろこび。簡単でとってもおいしいので、みなさんもぜひ作ってみてくださいね。
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記