motocchioの食いしん坊日記

ギブスで歩きはじめる前に

ギブスをつけてから20日めの本日から骨折した右足をつけて歩いてよいことになっています。でも、昨日は清々しい秋晴れだったので、一日フライングして、新しい靴をはいて松葉杖を使いながら歩いてみました。

無事そろそろ歩けたのですが、右足に鈍痛がある。こんな状態で歩いていいものなの?!

骨折経験があるクマ夫を含む周りの者は、口をそろえて最初は痛かったと言っています。そういうものなの?!

掛かりつけの整形外科医に聞いてみるべきなのでしょうが、こちらの公立病院は敷居が高くて、そう簡単にはいかない。困ったときの実家頼み... 整形外科医の老父に電話しました。

まず痛みがあるのは普通。3週間もたったらズレのない単純骨折で骨はくっついているので歩きはじめた方がいい。

痛みを和らげる為にできることは主に二つ:

1) 簡単な運動で足をストレッチして筋力を鍛える。一日じっとしているだけで筋肉は落ちてしまい、3週間も動かさなかった足の筋力はかなり衰えている。おすすめの運動は、着座して膝をゆっくりあげて真っすぐ伸びたら3秒静止、またゆっくり下げる。これを暇さえあれば繰り返す。

2)歩き始める前は、必ず着座してギブスをした方の足を床につけて、少しずつ体重をかける。こうすることで全体重よりも軽い負荷に足が慣らされ、歩き始めた時の負担がやわらいで痛みも軽減する。

本日より実行。効果のほどはいかに。

Comment

りんご | 2013年10月20日 21:53
お返事ありがとうございました。
お辛いでしょうね・・。
私も、着席している時の、足の運動を、健康のためにやってみます。
お大事に。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記