motocchioの食いしん坊日記

中華風白菜鍋(ピェンロー)

近所に住んでるクマ夫のお母さんが鶏スープ(イタリア語でブロード)を作って持ってきてくれました。これで3品作りました。一品目がトルッテリーニ・イン・ブロードに(詰め物パスタのスープで、いわばイタリア版餃子スープ)、2品目が汁ビーフン、そして、3品目は残ったスープを利用して中華白菜鍋(ピェンロー)。

ピェンロー(扁炉)は妹尾河童さんがdancyuで紹介して、2012年の読者支持率No.1になった鍋料理です。作り方は鍋物ですからシンプル。白菜、戻した干し椎茸(汁ごと)、鶏肉や豚肉を煮て、最後にごま油、ビーフンか春雨を入れて仕上げるだけ。

スープと一緒についてきた手羽元は汁ビーフンに使ってしまったので、冷凍していた鶏肉を解凍したものを入れました。作り方はこちらを参考に。妹尾さんのレシピの簡単バージョン。

Cpicon 白菜鍋(ピェンロー) by yomehanさん

豚肉は省略。味付けはあえてせず、小さな丼にスープをちょっと入れて塩と一味でつけだれを作るのが食べ方らしいんですが、面倒臭いので、汁ビーフンの要領で全部大きな丼に入れて塩こしょうで味付けしました。

白菜鍋2

これはホントにおいしい。寒い時期は毎日これでもいいぐらい好きな味!

ちなみに干し椎茸が苦手なクマ夫は、私がフーフー言いながら食べてる横で、自分で作ったパニーノ食べてました... 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記