motocchioの食いしん坊日記

ローマの旅2013冬:ローマ・スパリータ

春爛漫、桜の季節だというのに、未だに冬の旅の報告が終わっていないというこの事態。あと数回で完結予定なので気持ちを新たにしてまいります。

ローマ滞在最後の夜は、ローマ出身の知り合いのおすすめのレストランRoma Sparita/ローマ・スパリータ(『失われたローマ』という意味)で夕飯を食べることにしました。人気があるお店なので予約を入れました。

予約時間よりも早くついたので近辺を散策。レストランがある小さな広場には、サンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会があります。
roma sparita01
サンタ・チェチーリアは、2世紀にローマの貴族の娘として生まれ、キリスト教がまだ浸透していなかった時代に捕らえられ殉教。音楽の守護聖人で、ローマ音楽院の名前になっています。

中に入ってみたら、ちょうどミサの最中で、修道女の合唱を聞くことができました。自分には宗教心のかけらもありませんが、こういう場で天使の様な歌声を聞いていると、そのうつしさに胸がいっぱいになります。
roma sparita02
真剣な面持ちの黒人の老女

教会前の広場はこんな感じ。風情がありますねえ。
roma sparita03

教会に向かって左側の広場の片隅にローマ・スパリータがあります。
roma sparita04

中に入ると、先客はまだ一組だけ(私たちが帰る頃には満席でしたが)。イタリアには珍しいかわいらしい内装。
roma sparita05

メニューはばりばりのローマ料理。定番を注文しました。

まずはバッカラ(塩漬けタラを塩抜きしたもの)のフリット。衣がさくさく軽くてタラの身がしっとり。おいしい!
sparita01

ユダヤ風アーティチョーク。外はカリカリ香ばしく、中はメークイーンのようにしっとりほくほく。アーティチョークの調理法で最もおいしいものの一つじゃないでしょうか。
sparita02

私が頼んだプリモは、ポルチーニの自家製フェトチーニ。
sparita03
トッピングされたチーズの量がはんぱじゃない(汗)
もうちょっと少なくてもいいよ
でも、おいしかった

マルコのチョイスはこのお店の名物カチョエペペ。カチョエペペは普通乾燥スパゲッティで作りますが、ここでは自家製タリオリーニ(細めの卵麺)を使用。パルメザンチーズで作ったカリカリの器に供されます。
sparita04
味見させてもらったら、あまりのおいしさにうっとり... ふとまわりを見たら、このパスタを頼んでないお客は自分一人だけ!隣に座っていたイタリア人観光客の男性は感動のあまり追加注文してました。魔力のある一品。

わたしはこの時点でもうお腹いっぱいでしたが、まだ中盤戦。お次はセコンドの登場。牛肉のインヴォルティーニ。中に野菜が巻いてありましたが、何だったかな?!とにもかくにも、これで一人前。すごいボリュームです。
sparita05

一口だけ味見させてもらいました。おいしかったです。お腹がすいてる時に食べたら、もっとおいしかっただろうな。
sparita11

それから、ローマの冬の味プンタレッレ。滞在中、数軒のレストランで食べましたが、ここのは切り方が太め。もうちょっと細くてもいいかな。
sparita10

クマ夫はこのあとデザートまで!なぜか林檎のシュトルーデルのバニラアイス添え。南チロル名物なんですが  味見させてもらったら結構おいしかったです。
sparita12

私はビタミン不足だったのでパイナップル。切り方がおもしろい。
sparita13

夕食の最中、隣のテーブルに座ってた男の子がずうっと笑いかけてくれてました。
sparita9
しかもこんなにかわいい子!

お誕生日のお祝いで来ていたようです。
roma sparita06
イタリアの家族はにぎやかで愛情いっぱい

おいしいローマ料理をたらふく食べた上に、ひさびさにもてていい気分。楽しい夕べでした。

レストランのホームページはこちら。夏の夕べに外のテーブルで食事したら気持ちよさそう。おすすめのお店です。



Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記