motocchioの食いしん坊日記

ローマの旅2013冬:自慢の愛車

ローマの歴史中心地区を歩いていると、時折こういうモノに遭遇して、うわあと盛り上がります。

そう、イタリアの国宝(と私は思ってる)フィアット500(チンクエチェント)!イギリスのミニクーパーと相並び人類史上で最もかわいい車
5001

この車、見かけはかわいくても運転するのはかなり大変らしい。私の周りの若者は「チンクエチェントの運転は自分のおじいさんにはかなわない」という声を何度か聞いたことあり。こういう古い車を手入れして乗ってるのは大概お年寄り。このブルーのチンクエチェントも外も中もピカピカ。

見ほれていたら、間もなく持ち主登場!
5002
予想通り渋いおじさん!

「素敵な車ですね!いっしょに写真撮らせてください」と思い切って頼んだら、ちょっと照れくさそうに、でもかなりうれしそうに了解してくれました。

ローマに限らず、イタリアの古い街角に本当に似合う車。50年代、60年代のイタリアの街角のモノクロ写真を見ると、走ってる車が全部チンクエチェントだったりする。それほど全国通津浦々に普及してた国民車。その頃にタイムスリップして街角スナップが撮れたら... ドラえもんに頼んでみたいヨ。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記