motocchioの食いしん坊日記

サルサ・ヴェルデでボッリートミスト

先週末から冷え込んで、2日前の日曜日に南チロルの山々では雪が降りました。雪が降ると途端に山の方から吹いてくる風がすがすがしくなります。
mountains stamattina blog
昨日の朝ベランダにて撮影

こういう時節になると鍋物やスープに続いて食べたくなるのがイタリアおでんことボッリート・ミスト(bollito misto)です。本日はシンプルに牛肉の固まり、鶏の手羽元で作りました。

牛肉の固まりは最低一時間煮込んでいい加減柔らかくなったら、一センチぐらいの厚さにスライスしてスープの中に戻して5分ほどあたためてから食べると、しっとりした食感になります。フランスのポトフやロシアのボルシチでも同様のやり方。おもしろい。

フランスのポトフにはマスタード、日本のおでんには辛子を添えて食べますが、イタリアのボッリートミストといえばサルサ・ヴェルデ(緑のソース)。ピエモンテ風ボッリートミストの定番ソースで、ピエモンテ方言ではBagnet Verdという名前です。作り方はいたって簡単。パセリ、にんにく、水に浸して柔らかくしておいたパン、ヴィネガー、EVオリーブオイルをブレンダーでがーっと混ぜるだけ。最後に塩味を整えたらできあがり。我が家では、にんにく抜き、オプションでアンチョビー、ケッパー、固ゆで卵の黄身もいれます。
salsa verde
もうちょっとサラッと仕上げた方がよかったかな
濃度はオリーブオイルとヴィネガーで調節してくださいね


ボナペティト!
bollito misto blog
見た目は地味だけど、しみじみおいしい

お酒がいける方はおいしい赤ワインを飲みながらぜひ。

ボッリートミストを食べて一杯飲んだ晩は気持ちよく眠れる。おでんで一杯飲んだ後にようく眠れるように。寒い季節の楽しみのひとつ。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記