motocchioの食いしん坊日記

バルセロナの旅:海辺でパエリヤ・ランチ

忘れたころに再開するバルセロナ旅行記。秋のまっただ中に夏休みのことを書くと、夏が妙になつかしい。遠きにありて思うものなのはふるさとばかりだけじゃない。

さて、滞在2日めのMyハイライトは海辺のレストランでパエリヤ!頭の中をパエリヤとタパスで一杯にしてやってきた私は期待で胸がふくらみすぎてどうしましょうという状態でありました。

バルセロナ在住のお友だちLさんが連れていってくれたのは、バルチェロネータにあるCan Manuelというお店。
can manuel01
創業1870年でございますよ

Lさんがテーブルを予約しておいてくれたので余裕で外に座ります。この日はすっきりさわやかなお天気で、暑すぎず寒すぎず。外に座って潮風を感じながら食事するのにぴったりなお天気。

メニューを見ます。カタロニア語、スペイン語、英語なので言葉の問題はないのですが、チョイスがありすぎて迷う、迷う... しかし、常連のLさんのおすすめ料理を注文することであっさり問題解決。
can manuel02

冷たい飲み物を飲みながらおしゃべりしていたら間もなく前菜が出てきました。バルセロナではタパスの様なおつまみ系の小皿をpica-pica(ピカピカ)と言うそうで、メニューでもpica-pica欄がありました。

適度に塩抜きした塩だらにオリーブオイルをかけたサラダ
can manuel03
スペインではだらや干しだらをよく食べる

小イワシの酢漬け、オリーブ、酢漬け野菜の盛り合わせ
can manuel05

そして、私の大好きなマテ貝のグリル!!!
can manuel04

断トツで一番おいしかったのはマテ貝のグリルでした。シーフードレストランには必ずある定番アイテム。とにかくおいしいので、バルセロナを訪れる機会があったら食べてみてください。

前菜をたいらげて一息ついたところで本命シーフードのパエリヤ登場。ウェイターのおじさんがこれでよろしいですかといった感じで出来上がったパエリヤを見せてくれます。写真を撮ろうと思ったらパエリヤを持ってテーブルを去っていく。間もなくおじさんが帰ってきて、銘々の皿に取りわけたパエリヤを出してくれました。
can manuel07
いただきまーす!

これはサフラン入りの黄色いバレンシア風のパエリヤではなくて、トマトのオレンジが鮮やかな魚介のパエリヤ(パエリア・デ・マリスコス)。シーフードはあまりたっぷり入ってませんでしたが、ごはんに魚の旨味がしっかり効いてておいしかったです。でも... ちょっと期待はずれだったかな?

can manuel06
熱々のパエリヤを真剣に取りわける図

can manuel08
こちらは大家族のパーティーのパエリヤ
手前のは8人用のパエヤと思われます

これぐらい大量にドドーンと作った方がおいしいんだろうな

デザートにレモンのシャーベット(ソルベット)を頼んだら...
can manuel09

カッチコチ!写真からカチコチ感が伝わってくるでしょうか?イタリアで食後に出てくるソルベットはドリンク状でミルクシェークみたいにスムーズで、豪華にプロセッコ(発砲ワイン)が入ってたりすることもある。そういうのが出てくると思って注文したのに、こんなのが出て来てびっくり。味は悪くはなかったけれど、カチコチはやはり残念。

Can Manuelは人気店のようで、私たちが食事を終えて出る頃には満席で列ができてました。見るからに地元のお客さんもたくさんいて活気があるし、お店の人もきびきび働いてるし、料理もそこそこにおいしいし、何よりもビーチに近いし、いいお店だと思います。

Comment

eco | 2012年10月24日 10:00
美味しいまて貝 食べたいな~
もと | 2012年10月27日 18:04
>ecoちゃん
あっ、そういえばecoちゃんは貝好きだったんですよね。この日のは今までの人生で食べた中で最もおいしい貝料理でした。ぜひいつか食べてもらいたいです!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記