motocchioの食いしん坊日記

バルセロナの旅:タパス三昧(2)

モデルニスモ散歩を終えた後、ホテルに帰って一休みしてから本命のタパス屋Cal Pepへ突撃!地元出身の友だち一押しのシーフード・タパスの専門店。

しかし...カウンター席だけの小さなお店は超満員。しかも座ってるお客さんの後ろにはお腹をすかせたタパス難民がうらめしそうな顔でズラリ。

どうしようか... と思っていたら、Cal Pepがあるのと同じこじんまりとした広場に気持ちよさげな外テーブルが。
barcelona tapas chain02

クマ夫とメニューやテーブルに並んでるタパスを観察して悪くはなさそうだったし、疲れていたしお腹もすいていたし、ここに決めちゃいました。Celler de le Riberaというお店。
barcelona tapas chain01
地元でチェーンを展開している(HPはこちら)。

メニューを見て、コスパがよさそうなお一人様18ユーロのタパス・セットを注文。9品出てきます。ただし飲み物は別オーダー。

これはお店の付きだしのパン・コン・トマテ。カタルーニャ地方でよく食べられるんだそうです。パンににんにくと完熟トマトをこすりつけ、オリーブオイルと塩をふりかけたもの。よい材料が使われていて、シンプルながらも非常においしい。トマトの酸味、オリーブオイルの風味、にんにくの香りが三位一体。
barcelona tapas chain03
他のお店でも食べたけれど、ここのが一番おいしかった
チェーン店、あなどるべからず


右がサン・ドライ・トマト、アーティチョークの酢漬け、茄子のグリルのオイル漬けの盛り合わせ。イタリアのとそっくり。ごく普通の味。右はフレッシュ・サーモンの前菜。醤油、いりごま、オリーブオイルをようく混ぜたタレにつけて食べます。おいしい。ごはんがほしくなる。
barcelona tapas chain04

定番中の定番のタパス、パタタ・ブラバス。揚げたじゃがいもにブラバス・ソース(ピリ辛のトマトソースの様なもの)をかけたもの。ここのはマヨとパプリカがたっぷりかかってます。
barcelona tapas chain05

獅子唐芥子の素揚げ。あげたてにソルト・ミルで挽いたフレーク状の塩がかけてある。絶品なり。スペインの獅子唐芥子は太めの逆三角形で皮が薄く柔らかい。日本の獅子唐に味も食感も似ているけど、食べるところが多くていい。この獅子唐辛子はイタリアでは見かけない。あったらいいのにとつくづく思う。
barcelona tapas chain06

ハムのクリームコロッケ、春巻きの皮でエビを丸ごと巻いて揚げたもの。どちらも揚げたてでアツアツのカリカリ。味もいい。
barcelona tapas chain07
スペインでは俵型のクリームコロッケをよくみかける

グリルしたイカにパセリとガーリックのドレッシングをかけたもの。下にグリルした赤ピーマンが敷いてある。
barcelona tapas chain08

シメの一品は、茹でたジャガイモのスライスの上にハムを敷いて、スパイシーな燻製パプリカをじゃかぽんかけたもの。普通はハムじゃなくて茹でダコがのっけてあるもんだけど、これは貧乏バージョンか。でも、これはこれでおいしい。
barcelona tapas chain09

以上。いやー、食べた、食べた。

そこそこの味のタパスがお手頃価格で楽しめるお店です。

Comment

eco | 2012年09月25日 07:24
タパスシリーズ 泣けてくるわ・・・・私 こんなもの食べながら 飲みながら 旅してみたい! 気取らず 気軽に楽しそう
もと | 2012年09月25日 17:25
>ecoちゃん
スペインのタパス屋は日本の居酒屋に通じる気取らなさがあって楽しいですよ。ぜひいつか旅を実現させてください!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記