motocchioの食いしん坊日記

退院直後の食事:マンマはエライ

退院する前の最後の診察で、食事制限一切ない、アルコールもOKと言われました。絆創膏を貼ったままであればシャワーも浴びてよいとのこと。ただしお風呂、スポーツ、それから、2キロ以上の荷物を持つのは傷口が開いてしまう恐れがあるので当分禁止。

退院してからの家での食事の世話は、徒歩5分の距離に住むクマ夫のお母さんが申し出てくれました。タッパーに詰められた食べ物をクマ夫が取りに行き、温め直して食べるという体制。

退院日のお昼ごはんはセモリナ粉で作ったニョッキのスープ。ニョッキもブロードも手作りです。
food_carla1
手術の後に食べたかったのがこれ!ほっとする味。

これは退院日の翌日のお昼ごはん。ポルペッタ(肉団子)、じゃがいもとコールラビのオーブン焼き、グリーンサラダ。
food_carla2

ポルペッタは大人も子どもも大好きなマンマの味!外はカリカリ、中はほっくり。トマトソースで煮込んでもおいしい。グリーンサラダによくあいます。
food_carla3

そして、翌々日は、ナポリ料理。肉巻き野菜入りのトマトソースを和えたZiti。Zitiは、中が空洞の筒型のパスタ。最初から切ってあるタイプとロングタイプがあります。ロングタイプを買って来て、手で3〜4センチの長さにバキバキ折ってから使うのがクマ母スタイル。ランダムに折れたパスタにソースがからまっておいしい。ソースはあたためている段階でおろしたパルミジャーノをたっぷり入れて煮とかし、パスタを和えてから食べる時にもたっぷりかけていただきます。寒い冬にぴったりなパスタです。
carla7
写真のピントが手前すぎた...

デザートもつけてくれました。リンゴとアプリコットジャムを詰めた手作りのパイ。
food_carla4

世のお母さんというのは頼りにされると燃えるものなのでしょうか。毎日何が食べたいのか電話で尋ねてくれて、大はりきりでリクエストに応えてくれました。好意に甘えて、退院してから三日間お世話になりました。クマ夫と料理に舌鼓を打ちながら、「古今東西、マンマはエライ!」という話になりました。

Comment

eco | 2012年02月05日 13:51
愛情たっぷりのマンマの料理は どれも抜群においしそうですね。ふわっと 暖かいにおいが漂ってきそうですよ
近くにマンマが居て よかったですね
もとっきょ | 2012年02月05日 19:08
クマ夫のお母さんに限らず、今回の入院で、
家族や友人の有り難さが身にしみました。

マンマが料理下手っていう友人が何人かいます。
悲劇!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記