motocchioの食いしん坊日記

台湾おでん

台湾おでん。『檀流クッキング』の読者にはおなじみのレシピの一つだ。最高気温が0度にも満たなかった厳寒の日、どうしても食べたくなって作ってみた。

作り方は、先日eさんがブログで紹介してくれていたこちらのページを参考に。材料を全て鍋にぶちこんで2〜3時間煮込むだけ。使った材料は、豚バラの小さな固まり、ポロ葱(長ネギの代用)、ダシ昆布、乾燥椎茸、ゆで卵、酒、醤油少々。

煮込んでる間に何ともいえず懐かしい匂いが漂ってくる。最初のうちは、昆布、椎茸、豚肉、ポロ葱がそれぞれ自己を主張しているが、時間が経つにつれて仲良しになって渾然一体となって香りのハーモニーを醸しだす。お砂糖やみりんは入らないが、たっぷりの葱のおかげで自然の甘みがほんのりつく仕掛け。
oden01

練り辛子をたっぷり添えていただいた。おいしい... お肉が入るけれど、滋味があってほっとする味。豚バラを入れるとこってりしがちだけれど、意外にあっさり。どの具もおいしいが、ダシがしみこんで柔らかくなった葱のおいしさに一番感動。これを炊きたての白いご飯の上にのせて食べたらどんなにおいしいだろうか...

ということで、翌日のお昼ごはんは、残りを炊きたてごはんの上に汁ごとのっけて丼にした。
oden donburi

幸せ... 至福の台湾おでん丼 ♪

Comment

emi | 2011年12月20日 21:23
糖分が入らないのが意外でしょう。私は豚肉の固まりがちょっと苦手なので、お肉はほとんどDonちゃんにあげて、自分はねぎとしいたけと煮汁を堪能しました。
もとっきょ | 2011年12月21日 00:01
>emiさん
意外だよねえ。和食にはやたら糖分が入るから、余計にそう思うんだろうね。

私もむしろお肉以外の具を堪能した!おでん好きのマルちゃんにも一度作ってみようと思ってます。いつも面白いレシピを紹介してくれてありがと〜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記