motocchioの食いしん坊日記

ウンブリアの旅:カステルッチョ〜朝ごはん

早朝のピアノ・グランデ(大平原)の幻想的なうつくしさへの興奮も覚めやらぬうちに、平原の一角を占める丘のてっぺんにあるカステルッチョの村へ到着。まだ7時前である。昼間の猛暑からは想像できないほど肌寒い。どこか適当なところで朝食をとることになった。人口150人の村にもかかわらず、バールが数軒、レストランも兼ねている宿が数軒あるのだ。しかし!朝早すぎて、どこも開いていない...
castelluccio_morning_11

お腹は空いているし、寒いしで、へこみかけていたら、上の写真の坂を上ってY字路を左折したところにあるTavernaというレストラン/ホテルが、通常は宿泊客にだけしか出さない朝食を出してくれるという。うわ~い!

熱々のコーヒー。ほかほかのクロワッサン。この時点ですっかりご機嫌だったが、地元で飼われている羊のミルクを使った出来立てのリコッタチーズ、ジャム、塩なしパンの組み合わせのおいしさに感動!
castelluccio08

castelluccio09

腹ごしらえをしてパワーをつけた後、いざ出発~。
って、どこへって?ハイキングでございますよ。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記