motocchioの食いしん坊日記

さようなら、Steve Jobs

朝起きて、アップルの創業者スティーブ・ジョブズの訃報を知る。いつかこの日が来るとはわかっていたが...

80年代末にはじめて買ったコンピューターがアップル製。それ以来、自宅で使っているパソコンはMacのみ(元ライバル社の社員なのにも関わらず!)。ふと気づいたら20年あまり、私のかたわらにはいつもMacのコンピューターがあったことになる。彼は、コンピューターを、使い勝手がよく、愛着が持てるものにかえた。すくなくとも私の心の中では、パソコンライフは、西暦がキリスト誕生以前と以後でわけられているように、Mac以前と以後でわけられている!

ビフォー
DOS_IBM2

DOS
わたしもかつてはIBMを使っていた...
「昔はよかった」なんて、これっぽちも思わない

アフター
macintosh

macos7_001
この頃のMacはかわいかったなー
超なつかしい

mac_bookpro

macosx103

今、多くの追悼記事や特集を目にする。その中で最も印象に残ったのが次の1枚の写真だ。
jobs_beginning
アップル創業当時の若き日のスティーブ・ジョブズ。何という眼力(めぢから)!眼力は内面や意志の強さを表すという。自宅のガレージで起こしたささやかな事業を現在の大きさに育てた彼の器は、このガチな眼力にも表れていると感じるのは私だけだろうか。

最後に、彼が2005年にスタンフォード大学卒業式で行ったスピーチの動画をご紹介する。日本語字幕付き。アップル・ファンではない方にもおすすめ。クリック!

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記