motocchioの食いしん坊日記

水木しげるロード(2):妖怪の国

鬼太郎駅を出ると小雨が降っておりました。すると、何と、蛇の目傘を持ったネズミ男が!なかなか気のいい奴で、気軽に記念撮影に応じてくれます。私もしっかり甥っ子との2ショットを写真におさめました。
blog01

まず目についたのが町中のあちこちに何気にあしらってある目玉おやじ。タクシーのてっぺんのランプもそうです。
blog02

blog03

駅を出て、右手に曲がるとすぐ水木しげるロードが始まります。道の両側にいくつもの妖怪の銅像がぎっしり据えてあるのです(ロードマップはこちら)。
blog04
クマ夫の大好きな豆腐小僧!
あどけない小僧さんにすすめられた豆腐を食べると、たちまち身体中にカビがはえちゃうから要注意

それから、河童の三平が好きな甥っ子の熱いリクエストで河童の泉へ。
blog05

sanpei
こちらが河童の三平

それから、妖怪神社。
blog06

blog07
ようく見るとお札が妖怪キャラ!

歩道沿いにたくさん並んでいるブロンズ像で意外だったのが、ネコ娘とかぬりかべとか目玉親父とか、ゲゲゲの鬼太郎の主要キャラの銅像のサイズが非常に小さかったこと。子どもの頭ぐらいしかありませんでした。なぜ?!

街のあちこちに妖怪モチーフが何気にあしらわれております。
blog24

blog22
他にも妖怪ベンチとかいろいろありました

水木ロードの両側はみやげもの屋と食べ物屋にほとんど埋め尽くされております。妖怪にちなんだ食べ物もいろいろ。
blog09
食べたら身体中にカビがはえるとか?!

blog26

blog20

blog35
おみやげに買って帰った妖怪まんじゅう
この写真を撮ったとき、鬼太郎とネズミ男のは、わたしとクマ夫の胃袋にすでに入ってしまっていた


blog12
何故か、実家の母がお気に入りのサラリーマン山田
こ、これは妖怪なの?!


お店をひやかしたり、甥っ子と姪っ子の好きな銅像の前で記念撮影をしたりしているうちに、お昼の時間になりました。焼き鳥が食べたいという甥っ子の熱いリクエストに答えて、目当ての焼き鳥屋に行くと、つぶれていた!水木しげるロードにはいろいろな食べ物屋がありますが、ほとんどは日本海の海の幸を売り物にしたお店ばかりで、バラエティに欠けるのが難点。日本海の幸は大人は大喜びかもしれませんが、子どもウケは今ひとつかもしれません。私と妹はまぐろラーメンに心ひかれたんですが、子どもたちは今ひとつノリ気じゃない。とりあえず街で唯一と思われる洋食屋さんに入って何か食べてから、まぐろラーメンを味見することになりました。

洋食屋さんは、私たちが入った時は空いてましたが、あっという間に満席に。海の幸以外のものを出すお店が圧倒的に不足しているので、人気なのも納得です。
blog13
広々としたブース席は居心地よかったで〜す

甥っ子はステーキ丼
blog14
醤油味のステーキにネギとノリの組み合わせ
味見させてもらったら、おいしかった


妹は海鮮チャーハン
blog15

そして、(カレー好きな)私はシーフードカレー
blog16

いずれも冷凍ではなく新鮮な魚介類が使ってあっておいしかったです。食後、広々としたブース席で、子どもたちは妖怪文庫という本屋さんで買った妖怪図鑑に読みふけり、大人はコーヒーを飲んで、思い切りくつろぎました。しかし、お腹が一杯になってしまって、まぐろラーメンを食べる余裕は残っていなかった!残念でありました。

blog17
リベンジの機会は果たして将来訪れるのか?!

まぐろラーメン屋のすぐ左が商店街アーケードの入り口です。
blog21
どこの街でも見かけるたたずまい

このアーケードをすすむと、右手に水木しげる記念館があります。全ての道がローマに通じるがごとく、境港の全ての道はここ水木しげる記念館に続いているのです(ホントか?!)。
blog19
甥っ子たちが怖がるので、建物の写真を撮って終わり

交通機関、飲食、グッズ、街の装飾など、ありとあらゆる工夫を凝らして妖怪キャラが活用されております。ここ境港は、水木しげるロードが出来る前は観光客などほとんど訪れることはない静かな漁港の街だった訳ですから、年間200万人が訪れる観光ブームは正に青天の霹靂、一獲千金の大チャンスでありましょう。ここまで妖怪キャラが百花繚乱に活用されているのは、ひとえに「著作権?!ああ、何でも自由に使ってかまわんよ」と言ってのけた水木しげる氏の太っ腹のおかげらしいです。
blog10
街をあげての大感謝

blog28
すでにもうスッカリなまけ者です、先生

行きはネコ娘列車でしたが、帰りは目玉親父列車。
blog30

blog31

blog32

blog33

列車が出発する直前になって、ネズミ男が見送ってくれました!
blog34
目玉親父列車はシートももちろん目玉親父パターン

最後に見たのが水木夫妻の銅像の後ろ姿。
blog35
BGMやっぱりこれですね

blog36

blog37
この池が見えてくると、家はもうすぐそこ

Comment

ひろみ | 2011年08月20日 00:29
境港、すごい! 

噂には聞いていたけど、こんな風になってるとは…。よく作り込んであるね。私的には徹底した電車のデザインと、もともとあった駅名を惜しげも無く取っ払って妖怪名にする大胆さにやられた。

著作権なんか気にするなとおっしゃってくださった水木先生さまさまですね。
もとっきょ | 2011年08月20日 00:49
ひろみっち、ひさしぶり〜!
境港、がんばってるでしょ。
私もビックリさせられた。鳥取県人もやればできるじゃんって!

駅名は正式にはさすがに取り払われてはいないよー。
無精して元の名前を写真のキャプションに入れなかったからね ^_^; 
eco | 2011年08月20日 08:49
ここまで 徹底しているとは 驚きです。こんなにたくさんの妖怪、著作権が関係していたとは・・・・水木先生は 偉大ですね
eco | 2011年08月20日 08:51
クマ夫さんも 日本に来ていたんですね はやく登場してほしいわ
もとっきょ | 2011年08月29日 10:59
ecoちゃん、今回の里帰りもクマ夫抜きだったんですよ〜。
豆腐小僧は元々何かの本で知って好きになったようです。
そろそろ日本にまた行きたいと言っております。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記