motocchioの食いしん坊日記

Basso 30

今トリノで最もトレンディなお店。それがBasso 30らしいのです。伝統的なピエモンテ料理は滞在1日めの晩はRistorente Consorzioで味見しました。かたやBasso 30は創作ピエモンテ料理が売り物。インテリアも何だかおしゃれですよ。Normanで大味なつまみを食べすぎて、かなり食欲が喪失しておりましたが、果敢にも食いしん坊三銃士は夕飯へ挑みました。

といいたいところですが、3人のうち1人はすでに脱落気味。その1人とは胃腸が弱い私のこと。暑いし、今ひとつ食欲はないし。でも、楽しみにしていたお店で何も食べられないのは悔しいので、前菜一品とビールだけ注文しました。これでございます。

torino_2011_119
グリルした大海老をのっけたサラダ

大海老は感動的においしかったです。新鮮だったし、焼き加減も味付けもバッチリ。でも、真下に敷いてある野菜がサワークリームか何かであえてあるこってり味で、それはちょっと重かったです。もうちょっとお腹が空いていたらもっと感謝できたかもしれません。

あとの2人は前菜にこれを注文。

torino_2011_120

驚いちゃいけません。それぞれこれを一つずつ頼んだんです。でっかいパンのスライスがどーんと二切れ。これを何とかたいらげた後に、メイン登場。

クマ夫が注文した茄子のオーブン焼きとサラダの上にのっけたブラータ(日本では一個何と4600円... イタリアだと5分の1以下の値段です)。

torino_2011_122

それからFedeがオーダーしたのがラザーニャ生地にマッシュポテトをはさんでオーブン焼きしたものにソースと空豆をあしらったプリモ。上に焼いたパンチェッタがぺろ~んと一枚のっかってます。
torino_2011_121
これぞホントの創作イタリア料理
こんなラザーニャ見たことありません。

味見させてもらったら、いずれも非常においしかったのですが、2人ともNormanのアペリティーヴォ、このお店の前菜で、すでにお腹いっぱい。かなりの苦戦を強いられていました。

ここで夕飯を食べ終わった直後に、胃腸が弱いわたしは猛烈な腹痛に襲われ宿に帰ることになります。

Comment

ゆったん | 2011年06月02日 12:41
私も確実におなかをこわしそうな気がする。
もと | 2011年06月02日 14:48
ははは、やっぱり? 
反動が来て、この旅行の後、
しばらく和食しか食べんかったよ。
emi | 2011年06月04日 10:50
おいしそうなお店!ブラータ食べてみたい!
もと | 2011年06月04日 13:36
ここは料理もサービスもいいお店だったよ。

ブラータ、こうやって切ってあるのを食べるのもおいしいけど、
えみさんには、まんまるのを切ると中からクリームがとろ〜んって
出てくるのをいつか体験してほしい!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記