motocchioの食いしん坊日記

韓国料理に救われた夜

グラスゴーは都会なので、いろいろなエスニック料理のお店があります。すでにイギリス料理に食傷していたので、この日の夕飯をとても楽しみにしていました。泊まったB&B(ベッド&ブレックファースト)から近いウエストサイドにはいろんなレストランがあるということなので、どこか適当なところを探すことに。最寄りの電車の駅を降りて、メインストリートを歩いていると目についたのが韓国料理のお店!メニューを見たら、まともそうじゃありませんか。しかも中をのぞくと、韓国人らしいお客さんがいっぱい。インド料理を食べたがっていたクマ夫を強行説得し、ここで晩ご飯を食べることに。

大学院時代の韓国人の友人Tにそっくりなマネージャーがにこやかに迎えてくれました。もうそれだけでなごみます。まずは付きだしに出てきたミッパンチャン(作り置きのおかずの小皿)をつまみながらOBビールで乾杯。しあわせ~

korean_2
イギリス料理に比べると、見るからに技術的に洗練されてるねえ^^;

そして、間もなく注文したキムチ登場!見るからにおいしそー。

korean_3

一口食べて陶然...漬かり具合も塩味も歯ごたえも完璧。ヨシ!こんなにおいしいキムチを食べたのは何年ぶりのことでしょう。やはり餅は餅屋に。スコットランドでまさかこんなにおいしい本格的なキムチが食べられるとは夢にも思いませんでした。

ちょっと待たされてから、メインの料理登場です。わたしが注文した石焼ビビンバ。

korean_4
ひさしぶりにお箸で食べるあったかごはんに思わず感涙 T_T

そして、クマ夫が注文した鶏肉とじゃがいものチム(ピリ辛煮)。あったかごはんといっしょに食べます。

korean_5

ときどき取っ替えっこしながら、夢中になって食べました。至福の晩ごはん。

今までもっとおいしい韓国料理は何度も食べたことがあります。でも、イギリス料理に辟易していた自分たちにとって、このタイミングで出会ったこのお店は、砂漠の中のオアシスでした。ありがとう、東アジアの同胞よ!君たちの料理には救われた!

Trackback

Comment

emi | 2010年10月15日 21:56
ううっ、イギリスで食べる韓国料理・・・私までもらい泣きしそうなくらいおいしそうだ・・・
もと | 2010年10月15日 23:53
でしょ、でしょ?もうね、冗談ぬきで、あまりのおいしさに涙ぐんじゃったのよー。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記