motocchioの食いしん坊日記

ローマの休日:マルタ騎士団

ローマの中には、ちいさな独立国家がふたつあります。ひとつは、世界に名だたるヴァチカン公国。もうひとつは、ロードス及びマルタ、エルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会(通称マルタ騎士団)です。

中世からルネサンス時代にかけて、地中海をまたにかけヨーロッパ世界をイスラム勢力から守るために命をかけた勇敢かつ高貴な男たちがいました。それが、聖ヨハネ騎士団で、その起源は11世紀にまでさかのぼります。その聖ヨハネ騎士団の現在の姿がマルタ騎士団です。

マルタ騎士団の歴史や現状は、こちらのすぐれものページで知ることができます:クリック! また、騎士団の栄枯盛衰の様は、塩野七生の『ロードス島攻防記』に生き生きと描かれています。

イタリアに引っ越してきたばかりの頃、『ロードス島攻防記』を読んで、すっかり聖ヨハネ騎士団の歴史のとりこになったわたしですが、今までマルタ騎士団本部を訪れたことはありませんでした。にわかファンなので仕方ないとも言えますが、今回はぜひとも行かねばということで、滞在3日目の美術館巡りのあと、張り切っていってきました。

デモの人波にもまれた後、ポポロ広場からひたすらスペイン広場の方向をめざして歩きます。スペイン広場からはじまるコンドッティ通りに首都(本部)があります。グッチ、シャネル、ルイ・ヴィトンなど高級ブランドショップが建ち並ぶ通りを歩いていくと、ありました、ありました!

marta2

あいにく到着したのがおそくて、もう正門が閉まっていました。残念!

san_giovanni
さすが昔日の構成メンバーは貴族のみだったというだけのことはあって、何ともエレガントな門構え!

望遠で門の向こう側を撮ってみました。床のタイルもしっかり騎士団の紋章。

marta3
昔は勇敢に帆船を操り、馬をのりまわしていたんでしょうが、今は黒ベンツ... ふうむ。

日本人の国民(ナイト)もいるんだそうです。何だか訳わかりません。詳しく事情を聞いてみたいものです。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記