motocchioの食いしん坊日記

エスカルゴのオーブン焼き

パリでエスカルゴ食べてみました。人生で2度めのエスカルゴ体験です。女友だちが頼んだ牛の骨髄焼きのド迫力とは対照的に、わたしが頼んだエスカルゴは穴のあいたお皿にちんまり6切れおさまって出てきました。

lumache_mini

一切れパクリ。おいしい!これは白ワインにあうねえ。味付けはオリーブオイル、にんにく、タラゴンか?かなり噛みごたえがあります。味はちょっと日本のバイ貝に似てるかな?オイルをフランスパンになすりつけて食べるとまたおいしい。エスカルゴからダシがたっぷり出ているのか。

このエスカルゴ、ブルゴーニュ産です。女ともだちいわく、エスカルゴはブルゴーニュ産がいちばんなんだそうで。かたつむりならどこ出身でもいいっていう訳じゃないんだね。

かたつむり、実はイタリア人も食べます。実際に誰かが食べてるところは見たことありませんが。イタリアの田舎では食べる前にかたつむりを暗い箱に何日間も閉じ込めます。こうすると、かたつむりがフンをしてきれいになるのです。ところが、フランスでは最低20日間閉じ込めて、餓死寸前まで持っていくんだそうです。こうすると、身が適度にしまって味わいが増すからというのがその理由。フランス人、美食のためなら何でもするね ^^; 

今回食べたエスカルゴ、とってもおいしかったんですが、後からひどく胃がむかむかして、その日の夕飯は抜きました。女ともだち曰く、エスカルゴは消化に悪いので有名なんだそうです。そ、それをもうちょっと早く言ってほしかった... ^^;

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記