motocchioの食いしん坊日記

ニコリーナの春野菜のラタトゥイユ

今年の春、クマ夫の実家ではじめて春野菜のラタトゥイユを食べました。
夏野菜のラタトゥイユの濃厚な味わいとは対照的に、まさに春のようなやさしい味わいです。

亡きクマ夫のおばあちゃんニコリーナの定番料理のひとつだったんだそうで。クマ母いわく「子どものころからこれが食卓に出ると、春が来たんだなあって思ったものよ」

作り方はいたってシンプル。

<材料>
新たまねぎのみじん切り(クマ母は小タマネギ使用)
アーティチョーク(芯の部分を半分か4つ割りにして薄切り)
グリーンピース(さやから出しておく)
新じゃが、にんじん(皮をむいて角切り)

材料とエクストラ・ヴァジーン・オリーブオイル、塩、胡椒、水(野菜がかぶるぐらい)を鍋に入れて火にかけます。

沸騰したら落としぶたをして弱火。途中水気がなくなってきたら適当に足してください。人参がやわらかくなったら、塩味をととのえてできあがり。

うちではよくパンやチーズといっしょに食べますが、鶏、豚、子牛料理のつけあわせにもよいです。

82460e86.jpg

じゃがいもが煮くずれはじめる前に火をとめるのがコツだよ

Comment

emi | 2009年05月05日 11:09
シンプルで素材をいかしたイタリア料理の真骨頂って感じの料理ばかりだね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記