motocchioの食いしん坊日記

シンガポール:バナナ・リーフ・カレー

南インドの庶民的なお店では、青々としたバナナの葉のうえにカレー、野菜のつけあわせ、ごはんをよそおってくれるらしい。こんな素晴らしい食べ方について知ったのは、『河童が覗いたインド』(おすすめの一冊!)を読んだのががきっかけでした。ぜひ自分も一度ためしてみたい... そんな長年の夢がついにシンガポールでかなえられました!シンガポール滞在2日めの晩に、Eさんと彼女のダンナさんがリトル・インディアのその名もずばりのバナナ・リーフ・カレー・アポロに連れていってくれたのです。

超人気店のことで、あらかじめテーブルを予約。わたしたちが着いたときは、すでにお店は満員。入り口のあたりにはお腹をすかせたお客さんが待っていました。

シンガポール名物フィッシュ・ヘッド・カレーは絶対にはずせないとのこと。魚の頭の煮付けインド版だね。食べますとも、食べますとも!それから、前菜に魚団子のフライ、野菜のコールマ(クリームがはいったマイルドなカレー)、バターチキン(スムーズなトマトソースがカレーになった感じ)、ナンも注文。飲み物は、大好きなインドのビール、King Fisherにしました。すっきりドライで、カレーによくあうのです。

ビールを飲みながら、つきだしのインドの揚げせんべいパパダムをつまんでいると、つぎからつぎへと料理が登場。

bc0fde00.jpg

お皿がバナナの葉になっただけで、どうしてこんなにうれしいのか!

そして、本日の主役フィッシュ・ヘッド・カレー登場。うわ~、迫力です!確かに大きな魚のお頭が豪快にごろんとはいってます!

61cb77e9.jpg

堂々たる主役ぶり

興奮さめやらぬうちに、ウェイターのお兄さんがごはんや野菜のつけあわせをよそおってくれます。ああ、妹尾河童の本で読んだ通りだわ!

e569a1d3.jpg

思わずみんな笑顔です!

まわりのインド系のお客さんの多くは、器用に聖なる右手を使ってカレーを食べています。当然、わたしもトライです。うーん、むずかしい。でも、楽しい!しばらくインド人気分で、手で食べました。一度にたくさん食べられないので、ダイエットにいいかも。

料理はどれもおいしかったですが、特に気に入ったのが、魚団子のフライ、フィッシュ・ヘッド・カレー、それから、つけあわせに出て来たキャベツでした。フィッシュ・ヘッド・カレーは、さわやかなピリ辛さがあり、いろんなスパイスが混ざって複雑な味付けです。魚のだしが効いてて、おいしい!さすが看板料理だけのことはあって、説得力がある骨太の味です。ごはんがすすむ~ごはん ビールもすすむ~ジョッキ

つけあわせに出て来たキャベツを煮たものは、カレーリーフが効いてる南インドらしいやさしい味付け。ぜひ作ってみたい(カレーリーフを何とか入手しなくちゃ...)

という訳で、このように、南インドに出向くことなく、本格的なバナナ・リーフ・カレーを楽しむことができました。ぱんぱんになったお腹をさすりながら、大満足でお店を後にしました。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
イタリア在住、ときどき日本。
食いしん坊でカメきちな日々を気まぐれにつづります。
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ
motocchioの食いしん坊日記